ついに24歳のサムライがレッズの戦士たちと顔を合わせた。

 現地時間12月31日、リバプールは公式SNSで、同月19日にレッドブル・ザルツブルクからの加入を発表していた日本代表FW南野拓実が、チームに合流する瞬間を公開した。

 19日の契約時にもトレーニンググラウンドがあるメルウッドを訪れていたが、トップチームはカタールで行なわれていたクラブワールドカップの真っ最中だったため、挨拶を交わせたのは怪我でリハビリ中のファビーニョだけだった。

 今回、改めてクラブハウスを案内された南野は、10番を背負うセネガル代表FWのサディオ・マネやスイス代表FWのジェルダン・シャキリ、イングランド代表MFのアレックス・チェンバレンなど主力メンバーから「ミナミノ〜! 会いたかったぞ。よろしく!」「ハロー!マイフレンド!」と声を掛けられ、挨拶とハグをかわした。

 さらにユルゲン・クロップ監督とも対面した南野は、やや緊張した面持ちになりながらも、オーストリアで使いこなしていたドイツ語で難なく会話。満面の笑みを浮かべるドイツ人指揮官との話を弾ませていた。

 24歳の新戦力の合流に、リバプール・サポーターも歓喜している。ツイッターやインスタグラムには、次のような歓迎コメントが相次いだ。

「これで優勝間違いなし」
「頼もしきサムライボーイがやってきた」
「ようこそ、リバプールへ」
「またアンフィールドを沸かせてくれ!」
「彼がプレーするのが待ち切れない」
「世界最高にして、最強のクラブへようこそ」
「かっこいい! 人気が出ることは間違いない」
「食堂に寿司職人を雇ってくれないか?」
「新年を前に最高のお知らせだ」

 なお、南野は、プレミアリーグの規定上により1月1日と2日に開催されるリーグ戦には出場ができない。そのため、1月5日(現地時間)に行なわれるFAカップ3回戦のエバートン戦でのデビューが濃厚視されているが、はたして出番は回ってくるだろうか。

 リバプール・サポーターの期待値が高まっている南野。その一挙手一投足に今後も目が離せない。

【動画】南野拓実のリバプール最強戦士たちとの初対面シーンはこちら!

【PHOTO】南野拓実のキャリアを厳選ショットで振り返る!――2009〜2019

構成●サッカーダイジェストWeb編集部