タイのバンコクで行なわれているU-23アジア選手権。しており、東京五輪のアジア最終予選を兼ねているだけに韓国でも注目は高い。キム・ハクボム監督率いるU-23韓国代表の結果や戦いぶりはもちろん、韓国と同じグループCの試合結果、さらには他グループの試合についても詳しく紹介されている。

 森保一監督率いるU-23日本代表がU-23サウジアラビア代表に1-2で敗れたことも、各メディアが次のように一斉に報じた。

「日本、U-23チャンピオンシップ第1戦でサウジに1-2の敗北」(テレビ局『SBS』)
「日本、後半終盤のPK失点でサウジに敗北」(ニュース専門チャンネル『YTN』)

 サッカー専門メディア『インターフットボール』は、「終盤にPK献上の日本、サウジに敗北でB組最下位」と題した記事の中で、「全体的には日本がパスプレーを通じて保持率で優位に立ったが、サウジの逆襲も鋭かった。サウジは守備時の圧迫から速い逆襲を仕掛け、何度がチャンスを作った」としながら、「後半に日本が決定的なチャンスを与えてしまった」とVARで決まったPKについても詳しく触れていた。VARでゴール判定となった食野亮太郎のゴールも紹介しながら、「VARに笑って泣いた日本、サウジに1-2の敗北」(ネットメディア『スポーツ韓国』)と報じるところもある。


だが、もっとも多いのは日本メディアの反応を報じる記事だ。
「日本メディア、サッカー・サウジ戦敗北を集中報道」(ニュースメディア『news1』)
「沈鬱な日本メディア、“五輪の雰囲気に冷水を浴びせる失敗”」(サッカー雑誌『ベストイレブン』)
「金メダルが目標とは…日本メディア“チャンピンシップ初戦から負けた”と失望感」(スポーツ新聞『スポーツソウル』)など、日本メディアの手厳しい森保ジャパン評を紹介している。

 そんな中で目についたのは、「衝撃的敗戦の日本、いっそのこと4強に行ってくれたほうが韓国には良いのに…」(『デイリーアン』)という記事。「日本の初戦の敗北を眺める見方は、概して心配そのものだ。 日本がグループリーグで脱落した場合、五輪本大会の競争が一層激しくなりかねないからだ」とし、「もしも日本が4強進出すれば、準決勝に駒を進めた3チームが最終順位に関係なく五輪出場権を得る。よって、日本と対戦しないすべてのチームが日本の好成績を望んでいるのが本音」だとしたのだ。

 しかし、同メディアも最後にこう付け加えている。
「ところが、 日本が初戦に敗れ、グループリーグ通過を確信できなくなった。 日本が属するB組は、最近アジア強豪として急浮上しているカタールも属している。そのカタールもやはりシリアと2-2で引き分け、B組の順位争いは混戦に突入することになった」
 
 これと同じようなニュアンスのことを一般紙『朝鮮日報』は「日本が4強に進出できなければ韓国の行方にも負担として作用するかもしれない。準々決勝で韓国が日本と対戦することはない。いっそのこと日本が4強に進出してくれたほうが、五輪への道が楽になる」としつつ、森保ジャパンの今後についてもこう報じた。

「日本にとってサウジ戦敗北は優勝候補という名声に泥を塗った試合となった。まだ1試合を終えただけで、グループリーグ通過は可能な状況だが、残った2チームも侮れない。 中東の伏兵カタールとシリアだ。客観的な戦力では日本がリードしているが、サウジ戦と似た結果が出ないという保証はない。日本の立場としては引き分けでも危機に陥りかねない」と。

 いずれにしても森保ジャパンの行方には、韓国も気を払わずにはいられないことだけは間違いなそうだ。

構成●ピッチコミュニケーションズ