タイで行なわれているU-23アジア選手権のグループリーグで、サウジアラビアに続きシリアにも敗れたU-23日本代表の連敗は韓国でも大きく報じられている。

 スポーツ新聞『スポーツソウル』は、「日本は恥辱の敗北だ…森保ジャパンのGL敗退を韓国メディアも即刻報道」と題した記事の中で、「韓国とともに東アジアサッカーの強者に数えられ、優勝候補と呼ばれた日本がグループリーグから早期脱落するとは誰も予想できなかった」としたが、さすがに2連敗でグループリーグ敗退が早々に決まったことは韓国にとっても衝撃的だったのだろう。

「五輪本大会自動進出の日本、U-23チャンピオンシップで脱落のマンシン」(通信社『聯合ニュース』)
「東京五輪・開催国の日本のマンシン、2連敗で脱落確定」(ネットメディア『マイデイリー』)
「日本、U-23チャンピオンシップ早期脱落のマンシン」(一般紙『中央日報』)

 このように、多くのメディアで「マンシン」という言葉が使われた。マンシンを漢字で書くと「亡身」となる。「恥さらし」「赤っ恥」というニュアンスの意味が込められた言葉だ。

 一般紙『韓国日報』は「五輪開催国の日本、U-23チャンピオンシップで早期脱落の屈辱」と題した記事で、「日本は開催国への恩恵がなかったら、東京五輪本大会の舞台も踏めなかった結果だ」としたが、まさに今回の結果は開催国として恥ずかしい結果となった。

 結果だけではなく、森保ジャパンの試合内容に失望感を隠さなかった韓国メディアも多い。

 例えばサッカー専門誌『ベストイレブン』は、「野望あふれた日本・中国、現実は大会から脱落の屈辱」と題した記事の中で日本についてこう綴った。

「2020東京五輪開催国である日本は、今回の五輪で金メダルまで狙うほど野心的にU-23代表チームを作ってきており、昨年のコパ・アメリカやE-1選手権にもあえてU-23代表選手を送るほど、多くの経験を積んできた。しかし、結果は惨敗だった。日本は2試合とも後半43分に決勝ゴールを許すなど底力と集中力が不足した姿を見せ、アジア圏チームを相手にしても得点力の貧困さに悩まされる最悪の姿を見せた」
 
 ネットメディア『MKスポーツ』はさらに厳しい。
「日本は衝撃に陥った。史上初の五輪金メダルを狙うと豪気に叫んだが、森保号の戦力は期待以下だった。結果だけでなく、内容も悪かった。主導権を握っても決定力不足を露呈した」と書き綴った記事にこんなタイトルをつけて報じている。「苦い目に遭っても正気を取り戻せない森保」と。

 日本メディアでその森保監督の責任問題が論じられていることを、韓国メディアも漏れなく報じている。

「憤怒する日本メディア、“森保監督はチームにまったく助けにならない」(『ベストイレブン』)
「史上初のグループリーグ脱落の日本、森保では五輪金は難しい」(ネットメディア『OSEN』)
「衝撃の中の日本サッカー、森保監督の不信論、さらに拡散」(スポーツ新聞『スポーツ朝鮮』)

 こういった記事が続々と報じられ、「日本脱落で森保監督は東京五輪の指揮棒を下ろすか」とのヘッドラインで報じた『スポータル・コリア』はその最後をこう締めくくっている。
「U-23チャンピオンシップを通じて兼任は失敗した。東京五輪まで6か月ほど残った状況で日本サッカー協会の頭の中はより一層複雑になった」と。

 日本が陥った衝撃と混乱を韓国メディアも引き続き注視する構えのようだ。

構成●ピッチコミュニケーションズ