バルセロナ、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド――。とりわけビッグクラブの新シーズン用のユニホームデザインが、次々にリークされている。

 レアル・マドリーもそのひとつだ。デザインの一部はこれまでも流出していたものの、新ユニ情報を収集しているサイト『Footyheadlines』が5月16日に「完全版」を明かした。

 その画像によると、白の基調はもちろん変わらないものの、袖口のピンクのアニマル柄が特徴的で、サプライヤーであるアディダス社の定番である3本ラインは、肩ではなく脇に入っている。
 
 このリーク情報は、スペイン紙『AS』などのメディアでも取り上げられ、ネット上に画像が出回ると、次のようなコメントが飛び交った。

「正直、良いとは思えない」
「クソだ」
「なんだこの袖口のピンクは? なければ完璧だったのに」
「同意はできない」
「吐きそう」
「欲しくはない」
「ピンクと黒の柄、素晴らしい!」
「良いけど、マドリーらしくない」
「いいじゃないか、ぜひ買いたい」

 賛否両論といった感じだが、否定的な意見の大半はやはり袖口の柄が不満なようだ。もちろんこれは正式な発表ではないため、変わる可能性がなくはないだろう。オフィシャルの発表はいつになるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ピンクのアニマル柄が物議!流出したマドリーの来季ユニホームデザイン