これまで、それこそ数えきれないほどのゴラッソを叩き込んできたリオネル・メッシ。なかでも、2007年4月に行なわれたコパ・デル・レイ準決勝のヘタフェ戦で決めた「5人抜きゴール」は語り草だ。

 現地時間5月30日、所属するバルセロナの公式インスタグラムは、その伝説のゴールに匹敵する大エースのドリブル弾を配信。話題を呼んでいる。

 公開されたのは5年前のこの日に生まれた衝撃弾だ。2014-15シーズンのコパ・デル・レイ決勝、相手はアスレティック・ビルバオだった。
 
 右サイドでボールを受けた10番は、3人に囲まれるもドリブルで次々に抜き去り、カットイン。最後はCBのエメリック・ラポルト(現マンチェスター・シティ)をかわして、得意の左足で強烈な一撃を決めてみせた。

 この圧巻の50メートル独走弾のリバイバルにファンは興奮!コメント欄には、4000件を超えるメッセージが寄せられている。

「驚きしかない」
「僕の中では史上最高」
「メッシのゴールで一番のお気に入り」
「これがどうしてプスカシュ賞を受賞しなかったのか」
「簡単にやっているように見える」
「やはり神だ」
「こんなゴールは見たことがない」

 このメッシのゴラッソで先制したバルサは、3-1で勝利。27度目のコパ・デル・レイ制覇を成し遂げたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】5年前にメッシが決めた衝撃の「4人抜き50メートル独走弾」はこちら!