浦和レッズは6月11日、クラブのホームページで、今週末の13日にに行なわれる、FC町田ゼルビアとのトレーニングマッチのライブ配信と、それに合わせてオンラインのライブイベントの実施も発表した。

「DHL presents トレーニングマッチ VS FC町田ゼルビア」として、13日(土曜)14時50分から(キックオフは15時)17時頃まで配信予定。

 スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」上で、クラブOBたちとともに観戦し、解説やトークができるというライブイベントでは、視聴者が寄付することができるいわゆる“投げ銭”も導入。ともにクラブOBの、水内猛氏を司会に、坪井慶介氏がゲストとして出演予定となっている。

 “投げ銭”の参加者には選手デジタルサイン入りスマートフォン待ち受け壁紙をプレゼント(ダウンロード形式)。また、2020レプリカユニフォーム/1stの抽選もあるという。

 上記の内容について、選手もそれぞれのSNSで以下のように報告している。
 
「皆様に楽しんでいただけるように頑張ります!!久々の試合なので僕たちも楽しんでプレーしたいと思います!!よろしくお願いします」(阿部勇樹)
「中断後、初の練習試合!いい試合を見せれるように頑張ります。ご協力よろしくお願いします!」(山中亮輔)
「Jリーグ再開に向け練習試合を配信します。いいプレーには投げ銭を。ブーイングしたい時も投げ銭を。みなさんあってのクラブです。僕たちはプレーで応えます。共に戦おう!」(岩波拓也)
「久々の練習試合があります!久々の試合でものすごくワクワクしてます。YouTubeで生配信するので良かったら是非見て下さい」(橋岡大樹)

 そして、昨季までキャプテンを務めていたMF柏木陽介は、練習試合への意気込みを見せるとともに、意外な告白を行なっている。
「DHLさん協力のもと、町田ゼルビアと練習試合を生配信します。練習試合やけど、皆さんにやっと試合を届けることができます。まだまだコンディション的には万全ではないけど、少しでもみなさんに喜んでもらえるよう一生懸命やります。なので、ぜひ見てください!! そして投げ銭も気持ちだけでいいので、よろしくお願いします。ちなみに柏木は出ません。笑。土曜日に画面越しに会いましょう」

 先日はクラブの想定赤字が10億円になるという発表もあるなど、コロナ禍で厳しい一面があるものの、ファンとともに、新たな楽しみも模索しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部