新型コロナウイルスで順延が続いているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)。主催するAFCは過去の名勝負や印象に残るプレーヤーなどを取り上げ、フットボールファンを楽しませている。

 そんななか、6月15日には2017年のACLに注目した企画を公開。この年はJリーグの浦和レッズが2度目の大会制覇を成し遂げ、日本のファンにも記憶に残る大会のひとつだろう。

 公式サイトでは、2017年に行なわれた同コンペティションで、「最も印象的だったDF」にスポットを当てて特集。CB部門ではこの年に参加したチームから6人のプレーヤーが選出され、日本からは浦和の槙野智章、そして森脇良太(現京都サンガ)が候補に挙がっている。

 槙野は日本代表としても活躍しており、アジアでも知名度は高いようだ。この大会中、37回のインターセプトに成功し(DFでは1位の数字)、デュエルには81回勝利し、5回のクリーンシートに貢献した。また、「2017年のACLでは1290分という全選手中最も長い時間をプレーし、タイトルを獲得した浦和において、ディフェンスラインで常に存在感を示していた。フィールド内外でカリスマ性を発揮したマキノの活躍は、アジア大陸でプレーする最高のDFのひとりとしての地位を、さらに高めた」と紹介されている。

 また、DFながら1ゴール・1アシストという記録を残した森脇については、このように称えている。

「ファンの間では、ラウンドオブ16の第2レグが伝説となっている。第1レグに2-0で敗れていたが、彼らは前半だけで2点を奪い、延長戦の末にモリワキのゴールでベスト8進出を決めた。それだけではなく、彼には正確なパス回し(87.1%)とフィジカルな強さが備わっていた。彼は、同大会制覇に間違いなく貢献した戦力だった」

 ふたりのほかには、オハナ・ハウサウィ、イスマエル・アフメド(ともにアル・アイン)、フォン・シャオティン(広州常大)、シ・ケ(上海上港)が候補に挙がっている。

 FWなどに比べると、なかなかスポットが当たらないDF部門だが、日本のCBコンビが選出されたことは喜ばしい。同公式サイトでは、この6人で「最も優れているのは誰か」というウェブ投票が行なわれている(21日まで)。15日時点ではハウサウィが47%、次いでアフメド(20%)、槙野(20%)と続いている。

 果たして、浦和を優勝に導いた守備陣ふたりはどこまで得票を伸ばせるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部