現地時間6月18日に開催されたラ・リーガ第29節で、レアル・マドリーはホームに難敵バレンシアをホームに迎えて3-0の快勝。首位バルサとの差を再び2ポイントに詰めた。

 この試合で、衝撃の復活を果たしたのがマドリーのマルコ・アセンシオだ。74分にフェデリコ・バルベルデに代わって今シーズン初出場を果たすと、その約30秒後だった。

 左SBフェルラン・メンディからのクロスを得意の左足でボレー。今季初タッチで、見事なボレーシュートを決めてみせたのだ。

 昨夏のプレシーズンマッチで、左膝の前十字靭帯断裂および外側半月板損傷の重傷を負ったこのスペイン代表MFは、本来ならば今シーズン中の復帰は難しいはずだった。だが、コロナ禍の影響で、ラ・リーガがおよそ3か月中断されたことにより、思いがけず約11か月ぶりに戦列復帰を果たしたのだ。

 86分には、見事な左足アウトサイドのパスでベンゼマのゴラッソをアシストしたアセンシオは試合後、次のようにコメントした。

「とても長い時間だった。ハードにトレーニングを積んできた。ピッチに立てたこと、ゴールできたこと、そして勝利に貢献できたことに満足している」

 首位バルサを追うマドリーにとって心強い男が戻ってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部