現地時間6月24日に開催されたラ・リーガ第31節で、久保建英が所属する18位のマジョルカは、首位のレアル・マドリーと敵地で対戦。0−2で敗れた。

 マドリーからマジョルカへレンタル中の久保にとっては、“保有元”との一戦。3-5-2の2トップの一角で先発出場を果たすと、セルヒオ・ラモスやラファエル・ヴァランヌの敵CBコンビに厳しいマークを受けながらも、落ち着いたボールキープで攻撃を牽引した。

 とりわけ、トニ・クロース、セルヒオ・ラモス、フェルラン・メンディを次々にかわして、右足でシュートを放った62分のシーンは小さくないインパクトを与えた。 
 


 スペイン紙『AS』もこの試合の分析記事の中で「クボが印象に残った」として、こう称賛している。

「マジョルカの散発的な攻撃は、左利きの小さなドリブラーで、メッシの遠い親戚になりたがっているクボによってもたらされた。彼は貴重な存在で、サッカーが遅れている大陸の希望だ。素晴らしい印象を残した」

 チームは再開後4戦未勝利(1分3敗)と1部残留に向け、厳しい状況が続いているが、久保のパフォーマンスは高く評価されているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】マドリーの名手を翻弄!久保建英が披露した“圧巻の3人抜き”はこちらから

【動画】「速すぎる」とファン驚愕!久保建英が披露した、超高速ダブルタッチからの鮮やかループ弾はこちら!

【動画】「スゴ技集とかに載るやつや」久保建英が披露した衝撃の“ラボーナ弾”はこちら!

【動画】保有元のマドリーも高評価!マジョルカ久保建英の驚愕テクニックはこちら

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017〜2020