去る6月30日にアルゼンチンが生んだクラックが偉大な記録を残した。

 ラ・リーガ第33節のアトレティコ・マドリー戦に出場したバルセロナのメッシは、1-1で迎えた50分に、見事なパネンカ(チップキック)でのPKを決めて、通算ゴール数を「700」とした。

 現役選手としては史上二人目、これまでのサッカー史においても7人目の偉業を成し遂げたメッシ。現役最高の座を巡って10年以上にわたり競争してきたクリスチアーノ・ロナウドよりも111試合も少ない862試合で達成した大記録である。

 そして、33歳の偉大なる天才のゴール記録が、さらに深堀りされた。アルゼンチン紙『La Nacion』のクリスティアン・グロッソ記者は、あくまでバルサのトップチームとA代表での公式戦での得点数が記録されているメッシのそれが、母国で所属したニューウェルスのジュニアユース時代も含めれば、「1114」になると主張した。

 同紙が紹介した驚愕の内訳は、以下の通りである。
 

バルセロナ(トップチーム)=630
アルゼンチン(A代表)=70
オリンピック=2
アルゼンチンU-20代表=14
ニューウェルスのジュニアユース=234
バルセロナの下部組織=105
バルセロナでの親善試合=35
チャリティーマッチなどその他=24

 やはり生まれながらにしての天才と言うべきか。凄まじいゴール記録である。元ブラジル代表FWペレの生涯ゴール数は、「1283(※FIFA公式記録は757)」と言われているが、2009-10シーズンから毎年40ゴールを欠かさずに上げてきたメッシが、“王様”の得点数を抜くのも時間の問題だろう。

 だが、上には上がいるものだ。非公式の記録などを含め、ペレの記録を遥かに超えるストライカーが二人いるとされている。アルトゥール・フリーデンライヒとヨーゼフ・ビカンだ。

 1919年にブラジルを初のコパ・アメリカ制覇に導いたセレソン史上初の黒人選手でもある前者は「1326」で、“奇跡のチーム”と恐れられた1930年代のオーストリア代表のエースだった後者は、「1468(一部では5000ゴールとも……)」である。

 いずれも時代が時代だけに怪しいところではあるものの、メッシが彼らのような偉人たちの残した歴史を塗り替えられるかに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部