[J1リーグ4節]湘南0-0札幌/7月12日(日)/BMWスタジアム平塚
 
【チーム採点・寸評】
湘南 6
一進一退の攻防のなか、相手の決定機を凌ぎ、連動した守備でボールを奪うと、走力を絡めて攻めに出た。後半は攻勢を強めゴールにも迫ったが、人数をかけて守る札幌のブロックを崩し切れず。それでもリーグ戦初の勝点とクリーンシートを獲得した。

【湘南|採点・寸評】
GK
MAN OF THE MATCH
21 富居大樹 6.5
鋭い反応でシュートを阻止。背後へのボールも鋭い飛び出しでカバーするなど今季リーグ戦初の無失点に貢献した。

DF
38 石原広教 6.5
チャナティップやドゥグラス・オリベイラら同サイドのアタッカーを封鎖。後半途中からウイングバックに。

4 坂 圭祐 6.5
ジェイをケアし続け、自由を与えない。カバーリングも弛まず、またサイドチェンジなど攻撃でも起点に。

8 大野和成 6
粘り強い守備で相手の仕掛けを阻止。また的確なコーチングで味方を動かし、守備をコントロールした。
 
MF
23 茨田陽生 6.5(58分 OUT)
背後を突くパスでチャンスを演出。球際でも強さを見せた。鋭いミドルシュートは相手GKの好守に。

5 古林将太 6(72分 OUT)
ゴール前までカバーに走るなど守備に献身。攻撃では裏に抜け出し、なかへ切り込んでシュートも狙った。

16 齊藤未月 6(72分 OUT)
プレスバックしてボールを奪うなど持ち味を発揮。ゴール前に走り込みシュートを狙う場面も。

19 金子大毅 6
素早く戻るなど走力を発揮し、ゴール前でも身体を張った。ビルドアップに加わり攻撃のリズムも創出。

28 鈴木冬一 6
白井や駒井ら自身のサイドを封鎖。攻撃に転じると、ボールに関わり続けてチャンスを演出した。
 
FW
14 中川寛斗 6(58分 OUT)
ハイプレスやプレスバックなど走力をもって守備に献身。相手の隙を逃さずロングシュートも狙った。

13 石原直樹 6(84分 OUT)
相手の最終ラインを揺さぶりながら前線で起点に。前半狙ったフィニッシュは惜しくもポストに嫌われた。
 
交代出場
DF
22 大岩一貴 6(72分 IN)
センターバックながら機を捉えてオーバーラップしチャンスに関わる。最終盤の相手の猛攻も凌いだ。

MF
18 松田天馬 6(58分 IN)
走力を発揮し守備に献身。ボールを持てばスルーパスを狙い、ゴール前に達してシュートも狙った。

MF
10 山田直輝 6(72分 IN)
ビルドアップに加わりゴールを目指す。限られた時間のなかでシュートをお膳立てする場面も。

FW
11 タリク 5.5(58分 IN)
足を止めずに攻守に献身。味方とパスが合わない場面もあったが、終盤の攻勢にひと役買った。

FW
9 指宿洋史 ―(84分 IN)
最後のカードとして終盤ピッチに。見せ場は限られたが、クロスに走り込むなどゴールを目指した。

監督
浮嶋 敏 6
ラインをコンパクトにして攻守にアグレッシブな戦いを展開。相手の4枚替えにも冷静に対応した。

【J1第4節PHOTO】湘南0−0札幌|両チーム決定機迎えるも…一進一退の攻防戦はスコアレスドロー!
[J1リーグ4節]湘南0-0札幌/7月12日(日)/Shonan BMW スタジアム平塚
 
【チーム採点・寸評】
札幌 6
連戦の疲れは否めなかったが、それでも相手のプレスをかいくぐりながら攻撃を展開。セットプレーを含めてチャンスを演出した。後半から4枚替えでメンバーを一新。相手の攻勢に押し込まれたが、ゴールを死守。勝点を得て中3日の3連戦を無敗で締めくくった。

【札幌|採点・寸評】
GK
38 菅野孝憲 6.5
相手のシュートやクロスに鋭く反応し、的確なパンチングで阻止。前節に続く無失点ゲームに貢献した。

DF
3 進藤亮佑 5.5(HT OUT)
空中戦で強さを発揮するなど守備に貢献。攻撃参加は限られ、前半をもって交代した。

32 田中駿汰 6.5
初先発ながら前線に鋭い縦パスを供給するなど落ち着いてプレー。セットプレーでゴールにも迫った。

5 福森晃斗 6
プレースキックでチャンスを演出したほか、機を捉えて攻め上がり、攻撃を活性化した。
 
MF
19 白井康介 6
マッチアップする鈴木に苦戦した印象の一方、スピードを活かして背後に抜け出し、好機を演出した。

27 荒野拓馬 5.5(HT OUT)
相手の背後を突いてパスを展開するなどチャンスを演出する場面もあったが、前半で退いた。

8 深井一希 5.5(HT OUT)
ボランチから最終ラインに下りてビルドアップの足がかりに。前半を終えて交代した。

4 菅 大輝 6
試合開始まもなくクロスでチャンスを演出。相手に押される時間帯もあったが勝点奪取に貢献した。
 
MF
14 駒井善成 6.5
個人技で仕掛け、あるいは下がって組み立てに加わるなど攻撃を活性化。後半センターバックも務めた。

18 チャナティップ 5.5(HT OUT)
ジェイとの連係でシュートを放つ場面もあったが、見せ場は少なく、前半をもって交代した。

FW
48 ジェイ 6(78分 OUT)
相手のマークに遭いながらも攻撃の起点に。後半には自ら強烈なシュートも放ったがポストを叩いた。
 
交代出場
DF
20 キム・ミンテ ―(78分 IN)
終盤5枚目のカードとしてセンターバックに。相手の猛攻を抑え、無失点に貢献した。

MF
30 金子拓郎 6(HT IN)
後半開始からシャドーに入る。ドリブルからクロスでチャンスを演出するなど特徴を発揮した。

MF
10 宮澤裕樹 6(HT IN)
後半からボランチで出場。押し込まれる時間が続くなか、中盤を締めて無失点ゲームに貢献した。

MF
31 高嶺朋樹 6(HT IN)
後半開始からボランチに。マークを剥がして持ち上がり攻勢を生み出すなどアクセントを加えた。

FW
33 ドゥグラス・オリベイラ 6(HT IN)
初出場ながらジェイといい距離感を保ち攻撃を活性化。タメをつくり味方を活かすプレーも示した。

監督
ペトロヴィッチ 6
選手の状態に目を配り、後半開始から4選手を交代。スコアレスドローに持ち込み勝点を積み上げた。

取材・文●隈元大吾(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第4節PHOTO】湘南0−0札幌|両チーム決定機迎えるも…一進一退の攻防戦はスコアレスドロー!