[J1リーグ6節]湘南1-0鹿島/7月22日(水)/Shonan BMWスタジアム平塚

【チーム採点・寸評】
湘南 6.5
前半を粘り強く無失点で終えると、後半選手交代とともに攻撃が活性化し、途中出場の石原直がセットプレーから先制点を奪取。ゲーム終盤には相手の猛攻に遭ったものの、これも凌ぎ今季リーグ戦初勝利を挙げた。

【湘南|採点・寸評】
GK
25 谷 晃生 6.5
J1初出場ながら冷静にプレー。ピンチにも身を挺してゴールを死守。効果的なパスで攻撃面でも貢献。

DF
22 大岩一貴 6.5
守備はもとより、機を見て攻撃参加。先制点を生んだコーナーキックも自らのオーバーラップが契機となった。

4 坂 圭祐 6(77分OUT)
守勢の展開が続くなか、ゴール前を粘り強く封鎖。ラインを統率し、危険なボールをはね返した。

8 大野和成 6
タイトなチェックで相手の起点をケア。馬渡と連係して攻撃参加し、クロスを供給する場面も。
 
MF
5 古林将太 6.5(77分OUT)
我慢の展開のなか、右サイドで起点をつくり、クロスでチャンスを演出。得点にも関与した。

16 齊藤未月 6(85分OUT)
ゲームキャプテンを務め、厳しく寄せるなど守備に献身。ピンチにはゴール前に戻って身体を張った。

2 金子大毅 6
持ち前のタイトな寄せを発揮。セカンドボールを回収し、縦パスで攻撃のスイッチも入れた。

【J1第6節PHOTO】湘南1−0鹿島|鹿島の終盤の猛攻に耐えた湘南が石原のゴールを守り切り勝利
MF
10 山田直輝 5.5(HT OUT)
ビルドアップに加わり、オーバーヘッドシュートを狙う場面もあったが、前半を終えて交代した。

3 馬渡和彰 6.5
スプリント力を活かしながら攻撃にアクセント。コーナーキックで先制点もお膳立てした。

FW
20 岩崎悠人 6(57分OUT)
攻撃の機会が限られるなか、ドリブルやシュートなど積極的なプレーが光る。守備にも献身した。

18 松田天馬 6
ハイプレスを仕掛け、攻撃では相手の懐に入ってクロスを供給するなど、攻守に走力を発揮した。
 
交代出場
MF
14 中川寛斗 6(HT IN)
前線に入り、走力を活かして攻守に献身。前で起点を作り、攻撃の流れを呼び込んだ。

FW
MAN OF THE MATCH
13 石原直樹 6.5(57分IN)
ワンチャンスを逃さず、セットプレーからゴールをゲット。2試合連続弾でチームを勝利へと導いた。

DF
6 岡本拓也 ―(77分IN)
相手の猛攻を浴びたゲーム終盤、体を張ってシュートブロックを繰り返し、チームを救った。

MF
30 柴田壮介 ―(77分IN)
右ウイングバックで出場。畑の投入でボランチに移り、なかを締めて無失点勝利に貢献した。

DF
26 畑 大雅 ―(85分IN)
プロ初出場。アディショナルタイムには自らカウンターに抜け出し決定機を演出した。

監督
浮嶋 敏 6.5
前半を粘り強く戦い、後半は的確な選手交代でゴールを奪取。チームを無失点勝利へと導いた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
ポゼッションを高め、湘南陣内に展開。クロスからチャンスを演出したが、相手の粘り強い守備を割れず。セットプレーから先制を許し、終盤には猛攻を仕掛けるも、ゴール前に築かれた決死の守りを最後まで攻略できなかった。

【鹿島|採点・寸評】 
GK
1 クォン・スンテ 5.5
セットプレーから失点を喫したが、後半何度か訪れた相手の強襲をセーブし、最少失点に抑えた。

DF
22 広瀬陸斗 6
機を捉えて攻め上がり、ゲームを通して精度の高いクロスを供給。チャンスを演出した。

39 犬飼智也 5.5
最終ラインでボールを動かしビルドアップに貢献。失点シーンはゾーン守備の間隙を突かれた。

28 町田浩樹 5.5
縦パスで攻撃にアクセント。自らクロスに走り込み決定機も迎えたが決め切れず。

5 杉岡大暉 5.5
セットプレーの守備やサイドの1対1で後手を踏んだ印象。終盤クロスで攻勢を促した。
 
MF
6 永木亮太 6
最終ラインに下りて攻撃を組み立て、縦パスを狙う。攻め上がり、クロスでチャンスも演出した。

4 レオ・シルバ 5.5(70分OUT)
パートナーの永木と攻守のバランスを取りながら味方をカバー。セカンドボールもケアした。
MF
8 土居聖真 6
ドリブルで攻撃を加速させ、シュートまで持ち込む場面も。終盤の決定機は枠を捉え切れず。

41 白崎凌兵 5.5(60分OUT)
中央で起点を作り、攻撃のリズムをもたらす。最終ラインと駆け引きしながら裏も狙った。

FW
9 エヴェラウド 5.5(70分OUT)
左サイドで起点に。サイドチェンジを交えて全体を押し上げ、自ら強烈なシュートも放った。

36 上田綺世 6(60分OUT)
一瞬の隙を突いて裏を取り、際どいシュートを放つ。空中戦の強さも示したがゴールはならず。
 
交代出場
MF
7 ファン・アラーノ 6(60分IN)
FWとボランチでプレー。猛攻を仕掛けた終盤、強烈なシュートを放つも、谷の好守に遭った。

FW
15 伊藤 翔 6(60分IN)
サイドに流れながら起点をつくり、自らシュートも狙う。守備にも献身した。

MF
11 和泉竜司 5.5(70分IN)
前線に入って起点を作り、終盤の猛攻を喚起。自らシュートは打てなかった。

FW
19 染野唯月 5.5(70分IN)
高い位置を取り、ゴールを目指した。クロスでチャンスを演出する場面も。

監督
ザーゴ 5.5
ポゼッションを高めるもゴールはならず。選手交代で反撃を促し、猛攻も仕掛けたが、1点が遠かった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【J1第6節PHOTO】湘南1−0鹿島|鹿島の終盤の猛攻に耐えた湘南が石原のゴールを守り切り勝利