日本サッカー協会(JFA)は7月29日、9月16日に開幕する第100回、天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦から3回戦までの組み合わせを発表した。

 都道府県代表32チームが出場する1回戦は9月16日に「北海道・東北」「関東」「北信越」「東海」「関西」「中国」「四国」「九州」の8つのブロックでそれぞれ開催される。

 次いで、1回戦の勝者と新たに都道府県代表15チームとアマチュアシードのHonda FCを加えて2回戦が9月23日に、その後勝ち進んだチーム同士で3回戦が10月28日に開催され、各地域のブロック代表が決定する。

 コロナ禍で従来の方式とは異なった形で開催される今大会は、全52チームによって争われ、全8回戦の一発勝負のノックアウト方式で行なわれる。準々決勝からはJ2、J3の成績上位各1チームが、準決勝からはJ1リーグの成績上位2チームが加わり、決勝は来年の1月1日、国立競技場で行なわれる。新国立競技場のこけら落としとなった昨年に続き、“国立”で決勝が行なわれるのは通算49度目となる。
 
 現在までに決まっている各都道県の代表チームは以下の通り。

●秋田県:猿田興業(初出場)
●福島県:いわきFC(4年連続4回目の出場)※福島県代表決定戦中止に伴い、県内最上位リーグのJFL所属であるいわきFCを選出
●栃木県:栃木シティFC(2年連続11回目の出場)※栃木県代表決定戦中止に伴い、県内最上位リーグの関東リーグ所属である栃木シティFCを選出
●埼玉県:東京国際大(2年連続7回目の出場)※埼玉県代表決定戦中止に伴い、前年度大会優勝の東京国際大を選出
●山梨県:山梨学院大ペガサス(2年連続3回目の出場)※山梨県代表決定戦中止に伴い、前年度大会優勝の山梨学院大ペガサスを選出
●福井県:福井ユナイテッドFC(9年連続12回目の出場)
●三重県:鈴鹿ポイントゲッターズ(第98回大会以来6回目の出場)※旧:鈴鹿アンリミテッドFC
●鳥取県:Yonago Genki SC(初出場)※鳥取県代表決定戦中止に伴い、前年度大会準優勝のYonago Genki SCを選出
●徳島県:FC徳島(5年連続5回目の出場)
●高知県:高知ユナイテッドSC(5年連続5回目の出場)
●鹿児島県:鹿屋体育大(2年連続12回目の出場)※鹿児島県代表決定戦中止に伴い、前年度大会優勝の鹿屋体育大を選出
 
1回戦の対戦カード

【北海道・東北】
宮城県代表×猿田興業
いわきFC×山形県代表
青森県代表×北海道代表

【関東】
茨城県代表×東京国際大
神奈川県代表×山梨学院大ペガサス
群馬県代表×千葉県代表
東京都代表×栃木シティFC

【北信越】
石川県代表×富山県代表

【東海】
愛知県代表×鈴鹿ポイントゲッターズ

【関西】
兵庫県代表×滋賀県代表
京都府代表×奈良県代表

【中国】
Yonago Genki SC×島根県代表

【四国】
※1回戦は対戦なし

【九州】
熊本県代表×福岡県代表
鹿屋体育大×沖縄県代表
佐賀県代表×長崎県代表
大分県代表×宮崎県代表
 
2回戦の対戦カード
※1回戦の勝者と対戦する場合は()内に1回戦の対戦カードを明記

【北海道・東北】
岩手県代表×(宮城県代表×猿田興業)
(いわきFC×山形県代表)×(青森県代表×北海道代表)

【関東】
(茨城県代表×東京国際大)×(神奈川県代表×山梨学院大)
(群馬県代表×千葉県代表)×(東京都代表×栃木シティFC)

【北信越】
新潟県代表×長野県代表
福井ユナイテッドFC×(石川県代表×富山県代表)

【東海】
Honda FC×静岡県代表
岐阜県代表×(愛知県代表×鈴鹿ポイントゲッターズ)

【関西】
和歌山県代表×(兵庫県代表×滋賀県代表)
大阪府代表×(京都府代表×奈良県代表)

【中国】
広島県代表×山口県代表
岡山県代表×(Yonago Genki SC×島根県代表)

【四国】
高知ユナイテッドSC×香川県代表
FC徳島×愛媛県代表

【九州】
(熊本県代表×福岡県代表)×(鹿屋体育大×沖縄県代表)
(佐賀県代表×長崎県代表)×(大分県代表×宮崎県代表)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部