“日本の至宝”の新天地がついに決定したようだ。

 現地時間8月5日、スペイン全国紙の『AS』が、レアル・マドリーが久保建英をビジャレアルにレンタルで貸し出すことで両クラブが合意したと報じた。同日中、もしくは6日に正式な発表があるという。

 記事によれば、ローン期間は1年で買い取りオプションはなし。ビジャレアルのウナイ・エメリ新監督がこのディールで小さくない役割を果たしたようだ。

 セビージャをヨーロッパリーグ(EL)3連覇に導き、パリSGとアーセナルというメガクラブも率いた智将の下で、リーガ2年目を迎えるレフティーがどんな活躍を見せてくれるのか。

 自身初参戦となるヨーロッパリーグでのプレーにも注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017〜2020