8月19日にJ1リーグの第11節が各地で開催。IAI日本平スタジアムで行なわれた清水エスパルス対横浜F・マリノスの一戦は、アウェーの横浜が4-3で勝利した。

 試合は開始早々の2分に動く。横浜のジュニオール・サントスがハーフウェイライン付近からドリブルを始めると、ペナルティエリアに侵入して右足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、アウェーチームが先制した。

 対する清水もすぐさま反撃。ゴール左でパスを受けた西澤健太が相手を抜き切る前にシュートを放つ。ボールはGKのニアを通ってネットを揺らし、12分に清水が同点に追いついた。

 その後も攻撃的な戦いを標榜するチーム同士の戦いらしく、点の取り合いになる。19分に横浜が高野遼のクロスに合わせた前田大然のヘディング弾でリードを奪うと、44分に清水がオウンゴールで試合を振り出しに戻した。

 試合は2-2でハーフタイムに入る。
 
 後半も前半と同様にオープンな展開が続き、両チームは多くのチャンスを作り出していく。

 そして3点目を奪ったのはアウェーの横浜だった。84分、ゴール右でボールを受けたJ・サントスが振り向きざまに右足でシュート。DFに当たりながらもボールはゴールに吸い込まれた。さらに2分後の86分。高野のクロスに途中出場の渡辺皓太が頭で合わせ、横浜が4点目を奪った。

 横浜は後半アディショナルタイムに金井貢史に得点を許すも、逃げ切りに成功。8月に加入したばかりのJ・サントスや前田大然の得点などで、アウェーの横浜が4-3と打ち合いを制した。

構成●サッカーダイジェスト編集部