現地時間8月28日、2019―20シーズン終了後にロベルト・ダベルサ監督を解任したパルマが、前レッチェのファビオ・リベラーニに指揮権を託すことを発表。これにより、新シーズンのセリエA全チームの監督が決定している。
 
 注目は、ユベントスのアンドレア・ピルロ監督、ナポリのガットゥーゾ監督、ベネベントのフィリッポ・インザーギ監督だ。いずれも2006年のドイツ・ワールドカップで優勝したイタリア代表のメンバーであり、かつてのミランでのチームメイトでもある。そんな3人が指揮官という立場で、互いにしのぎを削っていく。
 
 以下が、新シーズンのセリエA20チームの監督一覧だ。
 
ユベントス:アンドレア・ピルロ(新任)
インテル:アントニオ・コンテ(2年目)
アタランタ:ジャン・ピエロ・ガスペリーニ(5年目)
ラツィオ:シモーネ・インザーギ(6年目)
ローマ:パオロ・フォンセカ(2年目)
ミラン:ステーファノ・ピオーリ(2年目)
ナポリ:ジェンナーロ・ガットゥーゾ(2年目)
サッスオーロ:ロベルト・デ・ゼルビ(3年目)
ヴェローナ:イバン・ユリッチ(2年目)
フィオレンティーナ:ジュゼッペ・イアキーニ(2年目)
パルマ:ファビオ・リベラーニ(新任)
ボローニャ:シニシャ・ミハイロビッチ(3年目)
ウディネーゼ:ルカ・ゴッティ(2年目)
カリアリ:エウゼビオ・ディ・フランチェスコ(新任)
サンプドリア:クラウディオ・ラニエリ(2年目)
トリノ:マルコ・ジャンパオロ(新任)
ジェノア:ロランド・マラン(新任)
ベネベント:フィリッポ・インザーギ(2年目)
クロトーネ:ジョバンニ・ストロッパ(3年目)
スペツィア:ヴィンチェンツォ・イタリアーノ(2年目)