J1リーグは8月29日、各地で第13節の7試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対ベガルタ仙台の一戦が行なわれ、1-1の引き分けに終わった。

 3戦勝ちなしと勝利の欲しい広島は、青山敏弘と浅野雄也に代えてともに前節初めてスタメンを外れた川辺駿と東京五輪世代の森島司が先発復帰。一方現在15位と下位に沈む仙台は、前節から長沢駿と西村拓真に代えて年代別ポルトガル代表経験も持つアレクサンドレ・ゲデスと石原崇兆を先発起用し、試合に臨んだ。

 試合はいきなり動く。4分、佐々木翔からゴール前中央で縦パスを受けたレアンドロ・ペレイラが素早く身体を反転させ、やや距離のある位置から左足を思いきり振り抜く。これがGKの手を弾きゴール右に突き刺さり、広島がファーストシュートで先制に成功する。

 対する仙台も反撃。15分、ショートコーナーからの流れから最後はゴール前で蜂須賀孝治が左足でシュートを放つも、クロスバーに嫌われ同点とはならない。さらに21分、細かくパスを繋ぎ左サイドから蜂須賀が精度の高いクロス、中央で真瀬拓海が頭で合わせるも、21歳のGK大迫敬介のスーパーセーブに遭いまたもチャンスを逃す。

 そして先制点以降押し込まれる時間の続いた広島も34分、相手ディフェンスを上手く崩し、最後はフリーでハイネルがシュートを放ったが枠を外してしまう。この攻撃で流れを掴んだ広島はこの後も何度か惜しいシーンを作るが、追加点は奪えない。

 結局その後スコアは動かず、前半は1−0ホームチームのリードで折り返す。
 
 後半は立ち上がりから広島が追加点を狙って攻勢をかける。50分には相手のミスからゴール前でボールを奪ったドウグラス・ヴィエイラがGKをかわしシュートを放つも、ゴールライン際でDFにブロックされ、絶好機を逃してしまう。続けて57分には再びD・ヴィエイラ、ショートコーナーから今度は頭で合わせるもGKが正面でキャッチ。

 なんとか追いつきたい仙台は64分に西村、69分に怪我から復帰し、今季初出場となる兵藤慎剛を投入しチャンスを窺う。ただ広島の落ち着いた守備になかなか決定機を作り出せない。それでも72分、攻め込む中で真瀬が右サイドからクロスを送り、これに反応した途中出場の兵藤が落ち着いて合わせ、仙台がついに同点に追いつく。

 その後は勝ち越しを狙った両チームが攻め合うも、フィニッシュに精彩を欠く展開が続く。

 そしてラスト10分は広島が攻め込む展開。89分にはふわりとしたクロスにゴール前で荒木隼人が合わせるもクロスバーに当たり、惜しくもゴールにはならない。さらに90+4分には、FKからゴール前で浮いた佐々木が最後はGKと1対1の場面を迎えるも、GKヤクブ・スウォビィクのビッグセーブに阻まれた。

 結果そのまま時間は過ぎ、試合終了のホイッスル。試合は1-1のドローに終わった。

 次節は9月5日(土)に広島がアウェーで北海道コンサドーレ札幌と、仙台がホームでガンバ大阪との対戦となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部