[J1第13節]浦和2−1大分/8月29日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
9分に先制点を献上するも、30分からわずか4分で逆転に成功。後半は相手の猛反撃を阻止し、粘り強く勝点3をもぎ取った。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
失点したシーン以外は落ち着いて対応していた。3試合ぶりのクリーンシートとはならなかったが、勝利に貢献した。

DF
5 槙野智章 7
90分間集中を切らすことなく、相手アタッカーから自由を奪い続けた。67分、71分、79分と闘志溢れるブロックでピンチを阻止し、チームを盛り立てた。押されながらも最少失点に抑えられたのは、この男がいたから。

6 山中亮輔 6(78分OUT)
守備面では度々相手のマークを外し、寄せが遅れる場面が散見された。ただ鋭いFKで橋岡のゴールをアシストして帳消しに。

20 トーマス・デン 6(78分OUT)
26分にらしくないパスミスでピンチを招いた一方で、押し込まれた後半は奮闘した。時折見せる効果的な縦パスで攻撃の起点にもなった。

27 橋岡大樹 6.5
絶妙クロスでアシストすれば、ヘディングでゴールも奪う。背後のスペースを相手に突かれるシーンが目立ったものの、数字は残した。
 
MF
7 長澤和輝 5.5(70分OUT)
献身的にプレスバックをして守備に厚みをもたらしたが、ボールを持った時のクオリティが問題。ほとんどチャンスを作れなかった。

8 エヴェルトン 6.5
スペースを的確に埋め、一度ボールを奪えば簡単には相手に渡さず、中盤に安定感をもたらした。28分のレオナルドへの縦パスもグッド。

29 柴戸 海 6.5
攻撃時のポジショニングやパスには課題が残るも、守備面の貢献は絶大。出足の早い寄せと素早い囲い込みで、相手に圧力をかけ続けた。

41 関根貴大 6(70分OUT)
プレスバックだけでなく、山中の背後のカバーリングに回るなど、この日も守備に奔走。一方の攻撃面でも持ち味の突破を何度か見せた。
FW
30 興梠慎三 5.5(60分OUT)
レオナルドに気を遣い下がり目でプレー。抜け出しが鋭く、ボールロストは少ないが、シュートは0本。やはり怖さに欠ける。29分は無理やりにでも打ちに行くべき。

45 レオナルド 6.5
最も相手の脅威となっていたのが、このブラジル人ストライカー。決定力の高さはさすがで、後半アディショナルタイムの猛烈なプレッシングも好印象だった。
 
交代出場
FW
14 杉本健勇 6(60分IN)
やはりゴールが奪えなかった寂しさはある。ただ時に最終ラインまで戻るほどディフェンシブに振る舞い奔走し、ロングボールが来れば高確率で収めた。

MF
24 汰木康也 5.5(70分IN)
何度か守備陣の間に鮮やかなスルーパスを通すも、見せ場は決して多くない。得意のドリブルで運ぶ機会は限られ、迫力に欠けた。

FW
9 武藤雄樹 6(70分IN)
局面を変えるような、これといった目立つ働きはなかった。それでも無理をせずボールを回し、時間を上手く進めていた。

DF
28 岩武克弥 ―(78分IN)
主戦場の右サイドではなく、左サイドで出場。80分にはカットインからの強烈なミドルシュートでスタジアムを沸かせた。

DF
31 岩波拓也 ―(78分IN)
押し込まれた終盤にも慌てることなく守備ブロックの強度を維持させた。とりわけ空中戦での強さは際立っていた。

監督
大槻 毅 6
後半には早いタイミングで杉本、汰木、武藤という時間を作れる3人を投入。終盤には6バックのようなシステムに変えて逃げ切りに成功した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
大分 5.5
サイドチェンジで相手を揺さぶりクロスから得点を狙うという意図する形は見える。ただし、いかんせん要所で精度を欠いた。

【大分|採点・寸評】
GK
22 ムン・キョンゴン 5
5試合連続で先発出場するも、悔しい敗戦に。30分の失点シーンではヘディングを手に当てながらも、前にはじき切れなかった。

DF
3 三竿雄斗 5.5
トータルで見れば大きなミスはないが、カウンターを受けると冷静さを失いがち。懸命に相手アタッカーについていこうとするも、振り切られる場面が少なくなかった。

5 鈴木義宜 5
ビルドアップがやや不安定なうえ、レオナルドへのマークにも苦しんだ。ディフェンスリーダーとしては物足りない出来に。

29 岩田智輝 6
大胆な攻め上がりは相変わらずで。攻撃に厚みをもたらしていた。得点にはつながらなかったが、持ち味は見せた。
 
MF
2 香川勇気 6(68分OUT)
30分の失点シーンでは橋岡に寄せ切れずに、クロスを放り込まれたのは残念。それでも攻守にわたって運動量豊富に働いた。

4 島川俊郎 5(82分OUT)
レオナルドを倒したファウルが決勝ゴールにつながってしまったのは痛恨だった。決定機を演出するパスも少なかった。

7 松本 怜 6
右サイドを精力的にアップダウンし、正確なクロスでビッグチャンスを演出した。ゴールが生まれなかったが惜しい。

40 長谷川雄志 5.5
的確なサイドチェンジで局面を変え、サイドアタックを促した。縦パスを織り交ぜられれば良かったが。
MF
14 小塚和季 5.5(HT OUT)
トリッキーなパスで先制ゴールをアシストするも、それ以外のシーンのボールタッチは、ぎこちなさが残る。身体のキレを感じられなかった。

27 三平和司 6.5(63分OUT)
要所要所で豪快な飛び出しを見せて、相手のゴールを襲った。DFのマークを掻い潜って決めた9分の先制ゴールは素晴らしかった。

FW
18 伊佐耕平 5.5(63分OUT)
パスを受ければきっちりと懐に収め、味方の攻め上がりを助けた。ただしシュートは前半の1本のみと、消化不良の感も。
 
交代出場
MF
8 町田也真人 6(HT IN)
負傷から復帰したアタッカーは、3節の広島戦以来の出場。後半頭からピッチに立つと、スペースで巧みにボールを受けて攻撃のアクセントとなった。

FW
16 渡 大生 5.5(63分IN)
71分には相手のタックルをかわしてゴールを狙うも、枠を捉えられず。推進力は目を見張ったが、結果を残せなかった。

FW
9 知念 慶 5(63分IN)
ペナルティエリア内でシュートチャンスを得た67分は、もっと工夫が欲しかった。結局ノーゴールで、途中起用に応えられず。

MF
11 田中達也 6(68分IN)
鋭いドリブルで左サイドを度々突破して、好クロスを供給。20分ちょっとの出番でもクオリティは見せつけた。

DF
41 刀根亮輔 ―(82分IN)
選手の配置を変えるために投入される。大きなミスはなかった一方で、判断が遅れる場面が見られた。

監督
片野坂知宏 5
町田をはじめ攻撃的なカードを次々に切り、リズムを変えようと試みたが、決定打には至らず。相手の集中した守備に手を焼いた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第13節PHOTO】浦和2−1大分|「俺だ!俺だ!」と橋岡が決勝点!あっという間の逆転劇で浦和が勝利!