[J1リーグ14節]清水1-2柏/9月5日(土)/アイスタ

【チーム採点・寸評】
清水 5
前半は内容が非常に悪く、2点の先行を許した。後半は立て直して攻撃の時間を増やしたが、最後のところでパスや呼吸が合わない場面が目立って4連敗。

【清水|採点・寸評】
GK
39 大久保択生 5.5
2失点は止めるのが難しいシュートで、1対1を止めるシーンもあったが、高いポジションをとってDFラインを押し上げさせることはできなかった。

DF
15 金井貢史 5.5
持ち味の気の利いたポジショニングやパスは時折見せたが、三丸と戸嶋の連係を組織で抑えることができなかった。

5 ヴァウド 5.5
危ないところを個の力で止めたシーンはかなり多かったが、前半はラインが低くなって中盤にスペースを与え、失点の一因にも。

2 立田悠悟 5
ラインが深くなって、下がって受ける江坂のマークを徹底させられなかったことが苦戦の一因に。危険なミスもあった。

21 奥井 諒 5.5
自分のサイドから崩される場面は少なく、後半は攻撃に絡む場面を増やしたが、周囲との連係はもうひとつで決定機にはつながらず。
 
MF
22 ヘナト・アウグスト 5.5
良い形でボールを奪って攻撃に絡むシーンは増えたが、守備では中盤にスペースがあった中で対応が後手に回る場面も多かった。

6 竹内 涼 5.5
前半は自分たちのサッカーができていないチームを修正する役割を果たせず、後半はバランスを整えたが、攻撃面では物足りなかった。

20 中村慶太 5.5(58分OUT)
CKのキッカーとして1本惜しい場面を作ったが、前からの守備であまり貢献できず、攻撃でも大きな仕事はできなかった。
 
FW
30 金子翔太 5(58分OUT)
短いパスでも微妙なズレが目立って攻撃にノッキングを起こすシーンが散見。前半は主導権を握られて守備でも苦戦した。

10 カルリーニョス・ジュニオ 6
90分を通してボールの収まりは良くなかったが、鋭い動きで相手を揺さぶり、最後に意地のゴールを決めた。

11 ジュニオール・ドゥトラ 6
最近の切れの良さを継続して惜しい形を何度か作り、自身もバー直撃の惜しいシュートを放った。
 
交代出場
FW
14 後藤優介 5.5(58分IN)
攻守によく動いてチームを活性化したが、チャンスのところでボールタッチやシュートが冴えなかったのは残念。

FW
16 西澤健太 6(58分IN)
左ウイングに入って積極的な仕掛けやパスを見せ、FKからカルリーニョスの得点をアシスト。

監督
ピーター・クラモフスキー 5.5
1週間の準備期間がありながら、前半は自分たちのサッカーができなかったのは残念なところ。後半は修正したが、最後の崩しの部分であまり向上は見られず。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
柏 6.5
中2日で続けて先発した選手が多かったが、前半はきっちりとパスをつないで自分たちの流れを作ったうえで2得点。後半は清水の攻勢に耐えきり、水曜日のルヴァンカップからアウェー2連勝を掴んだ。

【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 6(63分OUT)
好セーブでチームを救うシーンも見せていたが、おそらく左足の筋肉系のトラブルで負傷交代。

DF
24 川口尚紀 5.5(84分OUT)
本職ではないポジションでリーグ戦初先発。古巣相手に気持ちの入ったプレーを見せ、裏への良いパスもあったが、守備で手一杯の印象。

13 北爪健吾 5.5
今節は右ウイングバックに入ったが、攻撃で目立つ働きはできず。終盤は3バックの右に移動して清水の猛攻に耐えた。
 
2 鎌田次郎 6.5
リーグ戦では10試合ぶりの先発だったが、ディンフェンスラインを統率しながら危ないところをカバー。CBにケガ人が続出する中で大きな存在感を示した。

4 古賀太陽 6
本来ならPKになるハンドがあったが、守備でもビルドアップでも90分間安定したプレーを続けた。

20 三丸 拡 6.5
的確な動き出しから左サイドでフリーになってボールを受けるシーンが多く、先制点をアシストしたクロスも質が高かった。
 
MF
8 ヒシャルジソン 5.5(52分OUT)
少し疲れがあったのか、前線への絡みが少なくファウルも目立った。守備重点でプレーして早めに交代。

7 大谷秀和 6.5(84分OUT)
中盤の底で攻守とも冷静にチームをコントロールしながら、前方向の好パスも目立って、先制点に絡んだ。

28 戸嶋祥郎 6.5
左サイドの裏に飛び出すプレーから度々チャンスを作り、決勝点をアシスト。走行距離もスプリントもチーム最多で展開にも貢献。

FW
19 呉屋大翔 6.5
周囲との連係の面でオルンガとは違う持ち味を出し、可能性を感じさせる働き。先制点のシュートは技ありの一発。

MAN OF THE MATCH
10 江坂 任 7
中盤のスペースに顔を出してよくボールを受け、フリックや的確な配給で攻撃の流れを作って、見事なミドルシュートで決勝ゴールも自ら決めた。
 
交代出場
MF
27 三原雅俊 6(52分IN)
中盤の右に入ってあまり目立つシーンはなかったが、守備に重点を置きながらバランスを整え、逃げ切りに貢献。

GK
16 滝本晴彦 6(63分IN)
急きょ巡ってきた通算2試合目の出場。カルリーニョスのヘディングは止めきれなかったが、冷静なセーブも見せた。

MF
5 小林祐介 −(84分IN)
アンカーの位置に入り、クローザー役として周囲と声をかけあって清水の猛攻に対応した。

MF
33 仲間隼斗 −(84分IN)
中盤の左に入って守備に奔走。失点したFKにつながるファウルは不用意な形だった。

監督
ネルシーニョ 6.5
オルンガを休ませて水曜日のルヴァン杯に近いメンバーで戦った中、攻撃時は3-4-2-1のようにした布陣が清水に対してハマり、前半に主導権を握って勝利に導いた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●前島芳雄(フリーライター)

【ハイライト動画&詳細マッチスタッツ】柏、オルンガ不在も日本人アタッカーが奮起!https://www.soccerdigestweb.com/news/detail5/id=78752