日本サッカー協会(JFA)は9月10日、第17回日本サッカー殿堂に木村和司氏とフィリップ・トルシエ氏を掲額することを決定した。
 
 木村氏は明治大2年時に日本代表に選出され、国際Aマッチ出場は 54 試合を数える。FK からのシュートは特筆されるもので、なかでも1986年メキシコ・ワールドカップのアジア最終予選のホームゲームで韓国を相手に決めたゴールは、30年を越えた今もなお語り継がれており、伝説のフリーキッカーとしてサッカーファンの心に刻まれている。
 
 一方トルシエ氏は1998年に日本代表監督に就任し、2002年日韓ワールドカップでチームを初のベスト16 に導いた。日本代表を率いた4年間でコンフェデレーションズカップ準優勝(2001年)、アジアカップ優勝(2000年)などの実績も残した名将だ。
 
 また、選考方法は両者ともに異なり、木村氏は60 歳以上で日本サッカー界に貢献したプレーヤーを対象にした5名の候補者の中から投票で選出。トルシエ氏は、日本サッカー界の発展に顕著な貢献をしたとして、特別選考で選ばれた。
 
 これにより、これまで掲額された総数は、今回の2名を加え、82名と2チームとなった。日本サッカー殿堂に新たに掲額された2人のコメントは以下の通り。
 
●木村和司氏
「まずは、新型コロナウイルスの感染拡大が収束しないなか、私たちの生活を支えてくれている医療従事者や物流事業者、スーパーマーケット、ドラッグストアなどの販売員の方々をはじめ、『最前線』で働かれている多くの皆さまに、心より感謝の意をお伝えします。
 
 野球少年だった私がみるみるうちにサッカーにのめり込んでいったのには、恩師である浜本敏勝先生(大河 FC)の存在がありました。『わがまま(われがまま)』なプレーを貫けたのは先生のおかげです。そして、常に「プロ」への思いを持っていた私の「プロ」としての意識をさらに高めてくれた加茂周さん。仲間の大切さや温かさ、チームを超越したつながりを教えてくれた森孝慈さん。このサッカー人生で出会い、共にプレーした仲間やスタッフ、全ての方に感謝します。
 
 近い将来、不安なく、スポーツを、サッカーをみんなが笑顔で楽しめる日が戻って来ることを祈っています」
 
●フィリップ・トルシエ氏
「日本サッカー殿堂に私の名前が刻まれるとの大変栄誉あるお知らせをいただき、驚くとともに感謝しています。日本サッカー協会での活動経験は私のキャリアの中でも忘れることのできない大変貴重なものでした。決して全てがスムーズに進んだ道のりではありませんでしたが・・・私のせいですね。
 
 日本代表チームのパフォーマンス向上に携わらせていただいたことが今回の栄誉ある決定につながったと大変嬉しく思います」
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部