J1リーグは9月9日、各地で第15節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。
 
 2ゴールと圧巻のパフォーマンスを披露した柏の“ナンバー10”を、断トツの採点「8」で文句なしのMVPとした。

 トップ下の位置で先発出場した江坂任は、巧みなポジショニングでボールを引き出し何度もチャンスメイク。さらにはクロスにヘディングで合わせて2得点をマークし、チームの3発快勝に貢献。獅子奮迅の働きを見せた江坂は、これで開幕節と第7節に続き今季3度目のMVP選出となった。
 
 また柏からは、ビッグセーブでクリーンシート達成に貢献したキム・スンギュと、先制点をアシストした古賀太陽もセレクトしている。
 
 ホームで王者横浜を下した名古屋からは、吉田豊とマテウスの2名を選出。前者は左サイドでまさに鉄壁の守備を披露。後者は1ゴール・1アシストを記録し、豊富な運動量で最後までチームの助けとなった。
 
 またトップを独走する川崎からは、J1初ゴールとなる劇的な決勝弾を決めた宮代大聖。大量4ゴールで2連勝を飾った広島からは、貴重な先制点を奪い、独特なリズムのドリブルでも存在感を見せたエゼキエウをセレクト。4連勝で首位を追走するC大阪からは、J1通算1000得点目を含む2得点を挙げた奥埜博亮をチョイスした。
 
 そのほか、右サイドでの精力的な上下動で、攻撃に変化を加えた鹿島の小泉慶。途中出場で値千金の決勝ゴールを挙げたFC東京の原大智。広範囲に動き回って相手の脅威となった鳥栖の樋口雄太を選んでいる。

【PHOTO】J1第15節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!
【今節のベストイレブン】
GK
17 キム・スンギュ(柏)7 ●初選出
30分、果敢な飛び出しから1対1でビッグセーブし、31分のミドルシュートも見事に弾き出す。劣勢の時間帯に好守を連発した。
 
DF
37 小泉 慶(鹿島)7 ●初選出
果敢に敵陣エリア内に侵入し、エヴェラウドの得点をアシスト。機を見たオーバーラップは迫力十分で、精力的な上下動など右サイドにダイナミズムを生み出す。最後までタフに戦い、存在感を見せつけた。
 
4 古賀太陽(柏)7 ●初選出
2分、絶妙なスルーパスでオルンガの先制ゴールをアシスト。この日も最終ラインからの正確なビルドアップが素晴らしかった。
 
23 吉田 豊(名古屋)6.5 ●2回目
横浜の仲川輝人を完封する気迫のディフェンスは、相手の攻撃の型を一つ奪ったほどの貢献度。相手は逆サイドしか攻めどころがないほどに困窮させられた。
 
MF
30 樋口雄太(鳥栖)7 ●初選出
プロ2年目のアタッカーは、広範囲を動き回ってパスを巧みに引き出すとアタッキングサードで違いとなった。林大地のゴールにつながったミドルシュートはお見事だった。
 
14 エゼキエウ(広島)6.5 ●初選出
リーグ初先発となった試合でいきなりJ初得点をゲット。バイタルで前を向くと、左足を振り抜いてゴールネットを揺さぶった。

THIS WEEK MVP
10 江坂 任(柏)8 ●4回目
巧みなポジショニングでアンカーの両脇を突いてボールを集め、オルンガや呉屋大翔が競り合ったこぼれ球も拾う。そこから何度もチャンスメイクし、相変わらずオルンガへのスルーパスも素晴らしい。また、苦しい時間帯には戦況に応じて前線でタメも作る。40分と62分には、どちらも右サイドからのクロスにヘディングで合わせて2ゴール。攻撃の組み立て、決定機の演出、得点と、多くのタスクをこなしたハイパフォーマンスだった。
FW
16 マテウス(名古屋)7 ●2回目
右サイドに移って主導権を握ったところから勝利の流れが生まれた。アシストが右足ならゴールも右足と、左利きにしては珍しい形での貢献には本人も笑顔。攻守に走り回る運動量でも、チームを助けた。
 
24 原 大智(FC東京)7 ●初選出
巧みなボールトラップ、鋭いターン、思い切りのいいフィニッシュで値千金の決勝ゴール。徐々に存在感を高めており、今後の活躍も楽しみ。
 
25 奥埜博亮(C大阪)7 ●初選出
相手のミスにつけ込んだ先制点がクラブのJ1通算1000得点目。59分には1001得点目も挙げ、ベストイレブンに選出。
 
20 宮代大聖(川崎)7 ●初選出
アカデミー出身FWの嬉しいJ1初ゴール&等々力初ゴールは、試合を決める劇的な決勝弾!サポーターを歓喜させたヒーローは、大きな一歩を踏み出した。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部