現地時間12日に行なわれた開幕戦で、新天地デビューを果たしたレガネスの柴崎岳。試合から一夜明けた13日、自身のSNSを更新し、デビューの報告を行なった。

 レガネスがラス・パルマスをホームに迎えたラ・リーガ2部の開幕戦。日本代表MFはベンチスタートとなった。それでも前半をスコアレスで折り返すと、後半開始と同時にピッチへ。今月4日にデポルティボから加入したばかりだが、早速試合出場を果たす。

 途中出場の柴崎はロングボールの供給ほか、自らも積極的にシュートを放ち、存在感を示す。さらに試合終了間際にはビッグチャンスも。右サイド味方からの折り返しに、長い距離を走り最後はゴール前フリーで合わせるも、ここはGKのファインセーブで惜しくも初ゴールとはならない。ただ、チームは柴崎投入後に得点を奪い、1-0と白星発進を決めている。

 その柴崎は試合後、SNSにてラス・パルマス戦の写真とともに、「ブタルケ(レガネスの本拠地)でデビューできてうれしい。+3ポイントを継続して積み上げていきます」とスペイン語でコメント。デビューができ、さらにその試合を勝利で飾れたことを喜ぶと同時に、次戦以降に向けても力強い言葉を残している。

 これにはファンからも以下のような称賛の声が上がっている。
 
「デビュー&勝利おめでとうございます」
「最高のスタートですね」
「がくの活躍がうれしい」
「+3積み上げていきましょ!」
「このまま勝ち進めるように頑張ってください!」
「1部昇格を願い、柴崎選手の活躍を応援してます!」

 なお、次節は日本時間20日19時にルーゴとの対戦が予定されている。勝点3奪取、そして1部昇格へ、走り続ける柴崎を刮目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】デビュー戦で白星発進に貢献した柴崎!喜びのコメントはこちら!