“赤い彗星”の9番がプロ入りに向け、ギアを上げている。

 185cm・74kgの恵まれた体格、正確なポストプレー、足もとの技術、力強いドリブル突破。高校年代でも指折りの攻撃センスを持つ東福岡のFW長野星輝(3年)がリーグ戦再開と同時に調子を上げてきた。

 9月22日に行なわれたU-18高円宮杯スーパープリンスリーグ九州の第3節。長野はアビスパ福岡U-18戦に先発出場すると、4ゴールの活躍でチームの快勝に貢献した。

 4-1-4-1の最前線に入ると、中盤に降りる動きを混ぜながら攻撃の起点となるポストプレーでチャンスに絡む。収めるだけではなく、隙あらば最終ラインの背後に抜け出して自らゴールも狙った。31分にはPKでチームの2点目を奪い、後半開始早々の46分には自身のポストプレーで起点を作ってチャンスメイク。最後は右SB竹内良(3年)のクロスに自ら合わせ、ネットを揺らした。

 以降もポストプレーと裏への抜け出しで好機を演出。積極的にシュートも放ち、貪欲に結果を求めた。59分にはMF遠藤貴成(3年)のスルーパスに反応。GKとの1対1を制し、ハットトリックとなるゴールを右足で決めた。これで勢いに乗った長野はこの後も止まらない。75分には浮き球のパスにノートラップで合わせ、左足で豪快に蹴り込んだ。12日の第2節・筑陽学園戦はアシストを決めたものの無得点。その悔しさを晴らす結果で自身の存在を強烈にアピールした。

 東福岡でエースストライカーを担う長野。ただ、1年次に注目を集めた一方で昨季は伸び悩んだ。卒業後の進路をプロ一本に絞っているが、現時点でJクラブからのオファーはない。今後のアピールがポイントになるが、何故1年の時から注目を集めていたFWは、思うように成長を遂げられなかったのだろうか。
 
 中学時代は小倉南ジュニアユースでプレー。卒業時には関東のJクラブからも誘いがあったが、同クラブのOBで東福岡の先輩・福田湧矢(現G大阪)の助言もあって東福岡への進学を決めた。すると、1年次の4月からトップチームに所属。同年8月のプレミアリーグWEST・14節の名古屋U-18戦から2試合連続ゴールを奪うなど、そのスケールの大きなプレーに世代別代表のスタッフも注目していた。しかし、同年の高校サッカー選手権前に左足首を負傷。本大会の登録メンバーを外れ、4か月もピッチから遠ざかった。

 その怪我を乗り越え、昨年の4月に戦列に復帰。だが、長野は強烈な違和感を覚えた。当時を振り返り、本人は言う。

「手術レベルの怪我をして、プレーや得点の感覚的なものが戻らなかった。復帰したけど、全然上手くいかなくて……。『こんな感じだったのかな?』と戸惑い、自信をなくしたんです」

 怪我を負う前はイメージできていた得点への道筋。しかし、長期間に渡って離脱した影響で復帰後はゴールまでの絵を描けない。そのギャップに苦しみ、昨季は満足のいくプレーができなかった。

「感覚が戻らなかった。本当に楽しくなくて、苦しかったです」

 背番号9を託された新チーム移行後も感覚は戻らない。結果を残せず、チームも2月の県新人戦は準決勝で敗退して14年ぶりに九州大会への出場を逃した。

 自身の実力不足を痛感した長野。しかし、この敗北をきっかけに変わっていく。新型コロナウイルスの自粛期間中はほとんどトレーニングをできなかったものの、新人戦の敗北をきっかけに勝負へこだわる姿勢が増していったのだ。
 
「練習とかでもちょっとしたゲームでも勝敗にこだわって、自分のチームが負けないようにしたかった。負けないようにするためにどうやったら得点が取れるのか。そこを考えてくうちに、夏前には感覚が戻ってきました。得点のイメージが湧いてくるようになったんです」

 練習中の些細な事でも負けるのを嫌い、誰よりも勝利を目指して戦う姿勢。実際にこの福岡戦でもそうした欲が見られた。自身の2点目となったPKの場面。仲間に掛け合ってキッカーを譲ってもらい、ストライカーとしての矜持を示した。

 取り戻した感覚――。「インターハイがあれば、たぶん活躍できたと思う。それぐらいの手応えはあった」と言えるほどの充実感が今のプレーに繋がっている。

 選手権予選まで残り1か月。昨年は怪我の影響で満足に戦えず、チームは県大会の決勝で涙を飲んだ。2年ぶりの本大会出場と5年ぶりの日本一を果たす原動力となれば、自身のプロ入りにも近づく。

「ここからのゲームは全部勝敗にこだわって、全試合自分がゴールを決めてチームを勝たせたい」

 遅れて来たエースは誰よりも強い気持ちで最後の冬に向かう。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

【PHOTO】2020年の高校サッカー界を彩る主な選手をチェック!〜九州編