ヴィッセル神戸が9月24日、新体制を発表。立花陽三代表取締役社長がオンライン会見に出席し、三浦淳寛氏(元スポーツダイレクター/以下SD)の監督就任を正式発表した。また同時に林健太郎氏(元アシスタントコーチ)のヘッドコーチ昇格、平野孝氏(現アカデミー部部長)のSD就任も発表されている。

 同月21日にトルステン・フィンク監督から退任の申し出があり、これを受諾。同時にセバスチャン・ハーンヘッドコーチ、モラス雅輝アシスタントコーチ、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチも契約解除となっていた。

 その後、ミーティングの結果、三浦氏が適任と判断し、オファーに至った。

 立花社長は三浦氏を選んだ理由を以下のように語る。

「2018年からスポーツダイレクターとして三浦さんを中心にポゼッションをやってきた。その継続ができる方ですし、選手の特性をすべて把握している」

 ただし三浦氏からは、すぐに承諾の返事がもらえたわけではなかった。「『負担が大きく、SDでありながら、監督になるのは葛藤があった』ということで、正式な答をもらったのは昨日(23日)の夜」だという。
 
 また三浦氏はこれまで指導者としての実績はない。現役時代は神戸の他、横浜フリュゲールス、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、横浜FCでプレー。10年シーズンを最後に引退したあとは、解説者などを経て、18年2月から神戸のスポーツダイレクターを務めてきた。

 この”新米監督“に対して、立花社長はサポートを惜しまない姿勢を打ち出す。

「三浦さんにとっても初めてのチャレンジ。どなたも1回は新人監督を通るもの。彼には既存の監督に捉われず、自分のスタイルを確立してほしい。それをしっかりサポートしていきたい。マルコス(・ビベス)コーチ、林コーチなど優秀な人材が支えてくれる。三浦さんらしいサッカーを表現してほしいと思います」と、クラブをあげて支えていくことを宣言した。

 三浦体制は発表当日の24日からスタートしている。すでに練習から指揮を執ったという。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【動画】イニエスタが今季初ゴール!鳥栖戦のハイライト