J1リーグは、9月23日に各地で、第18節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

“魔術師”の異名を持つ神戸のスーパースターが、卓越した技術を存分に発揮し、全4ゴールに絡む活躍を見せた。

 アンドレス・イニエスタは開始9分に先制点の起点となると、20分にはペナルティエリア左から自ら持ち運び、角度のない位置からニアサイドを打ち抜いて追加点。さらに55分にはクロスで古橋のゴールをアシストし、68分にも絶妙なスルーパスで古橋亨梧の2点目を演出。打ち合いとなった試合で全ゴールに絡み、神戸を8試合ぶりの勝利に導いたイニエスタを今節のMVPとした。
 
 2発快勝でC大阪との上位対決を制したFC東京からは、森重真人とディエゴ・オリヴェイラをセレクト。前者は相手のアタッカーにほとんど仕事をさせず、無失点に大きく貢献。後者は先制点を挙げ、守備でも懸命にチェイスするなど、攻守両面で存在感を示した。

 敵地で勝点3を手にした柏からも2名を選出。怪我からの復帰戦で、相手の攻撃をはね返し続けた大南拓磨と、決勝ゴールを決めてこの日の殊勲者となった大谷秀和を選んだ。

 また止まらない首位川崎からは、2得点の旗手怜央。3試合ぶりに勝利した広島からは、途中出場ながら1ゴール・1アシストを記録したドウグラス・ヴィエイラ。3発快勝を飾った横浜からは、2得点・1アシストをマークしたエリキを前節に続いて選出した。

 そのほか、値千金の決勝点を決めたG大阪の宇佐美貴史。浦和での移籍後初ゴールを挙げた山中亮輔。GKには、ビッグセーブ連発で鹿島の7連勝に大きく貢献した沖悠哉を2週連続でチョイスした。
 
【今節のベストイレブン】
GK
31 沖 悠哉(鹿島)7 ●2回目
安定感があり、冷静なセービングで今季2度目のクリーンシートに貢献。勝利の立役者となるビッグプレーを連発した。

DF
3 森重真人(FC東京)7 ●3回目
C大阪のブルーノ・メンデスにほとんど仕事をさせず。経験に裏打ちされた読みと的確なカバーリングで、CBの渡辺剛とともに強固な壁を築いた。またアダイウトンのゴールにつながるクロスも印象深かった。

6 山中亮輔(浦和)6.5 ●2回目
最後の失点には絡んだが、先制点の弾丸シュートはまさにゴラッソで、浦和での移籍後初ゴールに。この一撃で形成を一気に逆転させた。

25 大南拓磨(柏)6.5 ●初選出
負傷離脱からの復帰戦をフル出場、完封勝利で飾った。札幌の攻撃をタフな守備で跳ね返し、チームに安定感を与えていた。

MF
7 大谷秀和(柏)6.5 ●2回目
前節に続いて先発フル出場。連戦ながらもベテランが力強くプレー。セットプレーから貴重な得点を奪うなど、この日の殊勲者だ。

THIS WEEK MVP
8 アンドレス・イニエスタ(神戸)7.5 ●初選出
今季初ゴールを含め、神戸の4ゴール全てに絡む活躍。自らの得点シーンでは絶妙なチェンジ・オブ・ペースで鳥栖の高橋秀人を交わした。
 
9 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)7.5 ●2回目
巧みなドリブルとパスで突破口を探りつつ、守備の局面では懸命なチェイス。しかも決勝弾と、このFWの活躍なくしてチームは勝利を飾れなかった。交代した時の場内の大きな拍手がすべてを物語る。

FW
33 宇佐美貴史(G大阪)7 ●初選出
リーグ戦で今季初の先発落ち。それでも値千金の決勝ゴールをゲット。指揮官からのメッセージに結果で応えるあたりはさすがだ。

30 旗手玲央(川崎)6.5 ●3回目
前半は右ウイングとしてよく走り、周囲を助け、インサイドハーフに移った後半は見事な2ゴール。チームを機能させる貴重な存在であり、試合をこなすごとに欠かせない戦力としての価値を高めている。

9 ドウグラス・ヴィエイラ(広島)7 ●初選出
63分からピッチに立ち、大きな仕事をやってのけた。1得点・1アシスト。5試合で4得点、ハイペースで得点を積み重ね、好調をキープ。

17 エリキ(横浜)7.5 ●2回目
41分のマルコス・ジュニオールの同点弾をアシストし、70分には敵陣エリア内でボールを奪って1得点、その5分後にジュニオール・サントスのシュートのこぼれ球を押し込んで2点目。2ゴール・1アシストとチームの全得点に絡むハイパフォーマンスで勝点3を手繰り寄せた。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】J1第18節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!