ヴィッセル神戸に所属するMFアンドレス・イニエスタは9月25日、自身のインスタグラムを更新すると、古巣バルセロナを離れることになるルイス・スアレスへ感謝の言葉を綴った。

 ウルグアイ代表FWのスアレスはバルセロナからアトレティコ・マドリーヘの移籍が決定的となっており、現地時間25日には自身のSNSでファンへの惜別のコメントを残している。

 イニエスタも9月25日に自身のインスタグラムにスアレスとの2ショット写真3枚を投稿し、「貴重な時間を過ごせて感謝します!バルサにとって欠かせない選手でした!幸運を願います」とエールを送った。

【画像】イニエスタが投稿したスアレスとの栄光の2ショット!
 
 この投稿にフォロワーたちも歓喜し、以下のようなコメントが寄せられた。

「2人のレジェンド!」
「最高の時代だった」
「あなた(イニエスタ)が去った時も悲しかった」
「イニエスタはいつも素晴らしい」
「もう同じバルサではない…」
「すべてのバルセロナファンの心と記憶に残ります」
「やはりアンドレスはバルサに必要だ」
「スアレスを手放すなんて深刻な間違いだ」
「バルトメウの災害…」

 イニエスタとスアレスは、2014年夏から2018年夏までの4シーズンをともに戦った。2014-15シーズンは3冠を達成するなど、獲得したタイトルは、ラ・リーガで3度の優勝、コパ・デル・レイを4連覇、チャンピオンズ・リーグも勝ち取るなど、8つの主要タイトルを獲得していた。

 昨シーズンは12年ぶりに無冠に終わったバルセロナ。ファンにとって、二人がいた時代がひと際懐かしく感じたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部