現地時間9月26日、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が、世界の現役フットボーラーの「スピードランキング」を発表した。

 このランキングは、サッカーゲーム『FIFA21』のスピードに関する能力値を基に順位を作成し、同じ数値の場合は、同サイトが独自に算出している「推定市場価格」が高いほうが上位となっている。

 1位は、やはりというべきか“フランスの怪物”キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)だ。数値は、2位のアルフォンソ・デイビス(バイエルン)と3位のアダマ・トラオレ(ウォルバーハンプトン)と同じ「96」だが、推定市場価格で2人を大きく引き離している。

 わずかにトップ3から1ポイント下回ったものの、「95」で堂々の7位にランクインしたのが永井謙佑(FC東京)だ。これはヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)と同じ能力値で、それぞれリーグ屈指のスピードスターとして知られるサディオ・マネ(リバプール)やイニャキ・ウィリアムス(アスレティック・ビルバオ)を凌駕している。

 唯一の30代でトップ10に名を連ねた永井。衰えないその韋駄天ぶりは、世界に認められているようだ。

【動画】新星アルフォンソ・デイビスの衝撃的な高速ドリブルはこちら
『transfermarkt』が発表した「スピードランキング」のトップ10は以下の通りだ。

1位:キリアン・エムバペ(パリSG)/能力値96・推定市場価格1億8000万ユーロ
2位:アルフォンソ・デイビス(バイエルン)/能力値96・推定市場価格8000万ユーロ
3位:アダマ・トラオレ(ウォルバーハンプトン)/能力値96・推定市場価格3500万ユーロ
4位:ヴィニシウス・ジュニオール(R・マドリー)/能力値95・推定市場価格4500万ユーロ
5位:ダニエル・ジェームズ(マンチェスター・U)/能力値95・推定市場価格1900万ユーロ
6位:アニバル・チャラ(ディジョン)/能力値95・200万ユーロ
7位:永井謙佑(FC東京)/能力値95・推定市場価格110万ユーロ
8位:サディオ・マネ(リバプール)/能力値94・推定市場価格1億2000万ユーロ
9位:アシュラフ・ハキミ(インテル)/能力値94・推定市場価格5400万ユーロ
10位:イニャキ・ウィリアムス(A・ビルバオ)/能力値94・推定市場価格4000万ユーロ

構成●サッカーダイジェストWeb編集部