[J1リーグ19節]広島1−2G大阪/9月27日(日)/エディオンスタジアム広島

 G大阪が敵地で貴重な勝点を挙げ、3連勝を飾った。

 試合は立ち上がりから広島に主導権を握られるも、16分にペナルティエリア左手前でセカンドボールを拾った倉田秋が、右足を振り抜き先制する。さらにその4分後にも倉田の絶妙なスルーパスに抜け出したパトリックが、ネットを揺らし追加点。後半も猛攻を受け、70分に1点を返されたものの、最後まで粘り強く守り、逃げ切ったG大阪が2−1の勝利を収めた。

 決勝ゴールとなったチームの2点目を決めたパトリックは、試合後のフラッシュインタビューで、「広島のホームは少し難しくて、みんな警戒していました。決勝ゴールは嬉しいです。ありがとうございます」と試合を総括した。

 ゲームを通して守備、ポストプレー、裏への抜け出しと、献身的なハードワークで存在感を示していたが、チームを勝利に導いた自身のゴールシーンについては、「狙い通りだった」と振り返った。
 
「ディフェンスラインの裏を狙って、みんなを見ながら準備をしていました。倉田選手が相手の背後にボールを配給してくれて、そこは自分が得意とするところなので、うまくいった。狙い通りのゴールだったと思います」

 またパトリックにとって今節は古巣戦。2017年から2019年まで在籍した広島の慣れ親しんだピッチで、お世話になったサポーターの前で結果を出せたことに喜びを露わにした。

「このスタジアムにはすごく良いイメージがあった。広島でプレーしていた時もサポーターのみなさんに受け入れていただいて、今日は彼らに対してもリスペクトの気持ちを持ってプレーしました。今日はゴールを取ってみんなの前で良い姿を見せれたので良かったです」

 次節は10月3日にホームで鹿島アントラーズを迎える。この勢いを継続させ、中位脱出に向けさらに連勝を重ねたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】パトリックの決勝ゴール! 倉田のスルーパスに抜け出しニアサイドをぶち破る!

【J1 第19節 広島戦】


🎥ゴール動画


先制ゴールから4分後、今度は #パトリック 選手が素晴らしいゴール⚽️を決める‼️#倉田秋 選手からDFの裏に抜けるパスを受け、GKのニアサイドに決める素晴らしいシュートが決まりました👏👏#ガンバ大阪 #GAMBAOSAKA pic.twitter.com/YoQw3NdeTM

— ガンバ大阪オフィシャル (@GAMBA_OFFICIAL) September 27, 2020