サイズだけで言えば、誰がどう見ても明らかなミスマッチである。前半、柏に1−0でリードされた横浜は、後半開始からFWオナイウ阿道に代えてFW仲川輝人を、DF松原健に代えてMF扇原貴宏を投入。そして前半はボランチの喜田拓也が3バックの中央に移り、オルンガとマッチアップした。身長は前者が170センチ、後者が193センチで、その差は23センチ。体格で喜田が不利なのは明白だ。

 結果的に後半のスコアは横浜が3−0として、合計スコアでは3−1と逆転勝利。喜田対オルンガで明白なミスマッチが起きた後半に、横浜が無失点に抑えて、鮮やかに3得点を奪った要因はなんだったのか。

 柏としては、もちろんミスマッチを狙っていた。左ウイングバックの三丸拡は言う。

「特に僕のポジションからしたら、どんどんクロスを上げることを狙っていました。後ろからも、高さのミスマッチを突いていこうと話もしていた」

 後半の立ち上がりこそ、柏がオルンガを起点にやや攻勢に出た。しかし「ただ入れるだけではなくて、そのこぼれ球を拾うなど、そういう動きが少なかった」と三丸が振り返るとおり、徐々にセカンドボールを拾えなくなる。

 そうなれば横浜が俄然強い。こぼれ球を拾えば、すかさず扇原貴宏や喜田拓也らを中心にビルドアップ。ポゼッション率を高め、徐々に敵陣に押し込んだ。そしてラスト15分で怒涛の3ゴール。ミスマッチを気にするよりも、むしろボランチが本職の選手を最終ラインに置いたことのほうがポイントだったのかもしれない。

「1−0で勝っていて試合を進めるなかで、チームとして重心を後ろに置き過ぎた、(オルンガを)孤立させすぎた。パスの距離が長くなってしまったのもあると思います。そこも試合状況の勝ち負けにかかわらず、変えない部分は変えずにさらに追加点を取りに行く姿勢を全員で共有して、やっていくことが必要かと思います」(三丸)

 柏としては三丸の弁が正しいが、横浜からすればアンジェ・ポステコグルー監督が「後半は前方向への強さをゴールに結びつけ、素晴らしいパフォーマンスだった」と胸を張ったとおり、攻撃重視の采配が奏功した「3−0」だった。
 終わってみれば、そもそも喜田とオルンガが対峙した回数は少ない。後半に横浜が3得点を奪った要因のひとつは、喜田をCBに移した采配であることは言わずもがなだが、無失点も攻撃を重視して敵陣に押し込んだおかげだった。だからこそ、ミスマッチというウィークポイントは悪目立ちしていない。

 この試合で柏は、横浜と同じ3−4−2−1のシステムを採用し、ミラーゲームで挑んだ。確かに後半途中まではマンツーマン気味のディフェンスが効いていたし、他の試合にも目を向ければ、前節は同じ戦い方で札幌に1−0と勝利している。相手を研究し、敵の長所を消す采配は間違いなく重要だ。

 一方で横浜は、“自分たちのサッカーの強みはどこにあるのか”という点をなによりも重要視したことで、鮮やかな逆転劇を披露した。指揮官によると「松原は怪我をしたので交代させた」そうだが、そもそもDFをベンチに置いていない点や、ミスマッチを気にしてウイングバックを下げて4バックにするような真似をしない点からも、攻撃重視の志向が垣間見える。つまり、アタッキング・フットボールの美学を見せつけた勝利だったのだ。

 選手やチームスタイルは千差万別なので、相手を研究して敵の長所を消す戦い方も悪くない。ただ、どのクラブにも強みはあるもので、柏のそれは得点ランキングトップのオルンガや、“トップ下でこそ最も輝く”江坂任といった前線のタレントだろう。彼らは、敗れた横浜戦はもとより、勝利した札幌戦でさえ、ミラーゲーム用の3−4−2−1システムでは流れのなかのプレーで迫力を失ってしまっている。

 横浜は4連勝を飾り、まだまだ勢いが続きそうな良好な雰囲気が漂う。一方で柏は軌道修正できるか。ネルシーニョ監督は「相手のクオリティを認めざるを得ない結果」、「相手の長所が引き立った結果」と横浜の実力を認めた。名将がこの試合を教訓にして、次節以降にどんなサッカーを見せてくれるのか、期待して見守りたい。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)