J1リーグは、9月26・27日に各地で、第19節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 2試合連続で2ゴールと、神戸のスピードスターの勢いが止まらない。

 三浦淳寛新監督による初采配となった札幌戦で古橋亨梧は、19分に酒井高徳のクロスを冷静に流し込み先制点を挙げる。さらに、2点をリードした62分にもカウンターからネットを揺らし、この日2ゴール。今季通算10ゴールで2年連続で二桁得点に乗せ、チームの2連勝に大きく貢献した古橋を今節のMVPとした。

 さらに神戸からは、古橋の2点目をお膳立てするなど、3ゴールに絡む活躍を見せたアンドレス・イニエスタも選出している。
 
 広島に攻め込まれる展開も最後まで逃げ切り、3連勝を達成したG大阪からも、東口順昭と倉田秋の2名をセレクト。前者は好セーブを連発して最後の砦として十分の働き。後者は1ゴール・1アシストを記録して勝利の立役者となった。

 また、4連勝を飾った横浜からは、同点弾とオウンゴール誘発でチームに勝点3をもたらしたエリキ。7連勝中の鹿島を撃破した大分からは、強靭なディフェンスで堅守を支えた鈴木義宜。連敗を2でストップしたC大阪からは、値千金の決勝ゴールを挙げた清武弘嗣が今季全選手最多となる6回目のベストイレブンに輝いた。

 そのほか、2得点を挙げた横浜FCの松尾佑介。チームを勝利の流れに乗せる先制弾を決めた名古屋の阿部浩之。相手の強力なFW陣にも屈しなかった鳥栖の原輝綺。ピンチを未然に防いで最終ラインを統率した川崎のジェジエウをチョイスした。
【今節のベストイレブン】
GK
1 東口順昭(G大阪)6.5 ●4回目
J1通算300試合出場を達成。前半に抜け出してきた、広島の浅野雄也のシュートを防ぐなど好セーブを見せ、記念試合を勝利で飾った。
 
DF
2 原 輝綺(鳥栖)6.5 ●初選出
FC東京の強力なFW陣のスピードにも負けず、球際の争いでもしっかりと対応してピンチらしいピンチを招くことは無かった。6試合ぶりのクリーンシートに貢献。
 
5 鈴木義宜(大分)7 ●2回目
盤石なクロス対応に加えて、鹿島のエヴェラウドを封じるなど対人でも強靭なディフェンス。危ない場面で必ず立ち塞がり、堅守の立役者となった。
 
4 ジェジエウ(川崎)6.5 ●2回目
カウンターを受けるシーンが何度かあったが、快足を飛ばしてカバーリング。彼がいたからこそピンチを未然に防げたシーンは多い。やはり最終ラインに欠かせない存在だ。
 
MF
8 アンドレス・イニエスタ(神戸)6.5 ●2回目
19分の古橋の先制点や、45分の郷家友太の追加点の起点に。62分にはロングパス1本で札幌の守備を崩し、古橋のゴールをアシストした。
 
10 倉田 秋(G大阪)7 ●2回目
「一発打っとこう」と狙った豪快ミドルシュートが決まり、パトリックへのアシストは狙い通り。違いを生み出した。
 
11 阿部浩之(名古屋)6.5 ●2回目
開始2分の思いきったシュートで先制点を決め、チームを勝利の流れに乗せた。清水の選手の間でボールを受ける嫌らしいポジション取りで攻撃に緩急をつけ、ピッチの横幅を存分に使って試合を支配。負傷から復帰後では最長のプレータイムを記録した。
 
37 松尾佑介(横浜FC)7 ●3回目
16分に痛烈なミドルシュートを突き刺せば、35分には縦パスに抜け出して追加点を奪取。ユース時代の恩師である浦和の大槻毅監督の眼前で、強烈な恩返しをしてみせた。
 
10 清武弘嗣(C大阪)7 ●6回目
マテイ・ヨニッチの同点ゴールをアシストしたコーナーキックも、逆転ゴールも見事と言う他ない。圧倒的なテクニックを見せて、3連敗の危機からチームを救った。
 
FW
17 エリキ(横浜)7 ●3回目
77分にはペナルティエリア内で冷静に右足を振り抜き、貴重な同点弾を奪う。82分には相手の隙を狙って右サイドの裏に抜け出し、オウンゴールを誘発。どちらも価値あるプレーで、逆転勝利の立役者となった。
 
THIS WEEK MVP
11 古橋亨梧(神戸)7 ●4回目
貴重な先制点、そしてダメ押しの3点目。2試合連続2ゴールで2連勝の立役者に。2季連続で二桁得点に乗せ、文句なしのベストイレブンとした。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】J1第19節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!