現地時間9月27日に開催されたラ・リーガ第3節で、久保建英が所属するビジャレアルは、ロナルド・クーマン監督の公式戦初陣となるバルセロナと対戦。前半だけで4ゴールを決められ、0−4の大敗を喫した。

「前半が悪かったのはわたしの責任だ。ファンの皆さんにお詫びしたい」と試合後に謝罪したビジャレアルのウナイ・エメリ監督が批判を浴びているのは、この結果に対してだけでない。スペイン紙『AS』が伝えたところによれば、ツイッター上では「なぜ久保をもっと使わないのか」という声が殺到したという。

 それもそのはずだ。『AS』紙が「彼は数分間で、試合全体を通してビジャレアルの最も明確なチャンスを2度創出した」と称えたように、74分に久保が出場してからアウェーチームの攻撃は明らかに活性化していた。

 エメリ監督は「タケはとても上手くやっていると思う」とそのパフォーマンスを称えたものの、開幕3試合でピッチに送り込んだのは、77分、85分、そして74分といずれも試合終盤だ。
 
 経験を積ませるためにレンタルに出したレアル・マドリー側にとっても、「こんなはずではなかった」はずだが、マドリーの専門メディア『Defensa Central』によれば、この状況を落ち着いてみているようだ。

 その理由は、マジョルカでプレーした昨シーズンも序盤は出番が少なかったが、最終的にチームに不可欠な存在になったからだという。「クボがスターターになるのを信じている」ため、現時点でレンタル契約の解消などは考えていないという。

 まだ3試合が終わっただけ。久保の才能があれば、ビジャレアルでもレギュラーの座を勝ち取れると見ているようだ。中2日で行なわれる次節のアラベス戦は、あるいは初先発の機会が巡ってくるかもしれない。そこで指揮官を満足させられるか。格好のアピールの場となるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】スペインのメディアも称賛!バルサ戦の久保建英のプレーをチェック