かつての師弟関係に影響はないのだろうか。

 現地時間9月29日にイングランドのカラバオカップ4回戦が行なわれ、トッテナム対チェルシーの試合は1-1で迎えたPK戦の末に前者が勝ち上がった。

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督にとって、チェルシーのフランク・ランパード監督は愛弟子だ。モウリーニョが率い、ランパードが主力選手だったチェルシーで、ふたりは黄金期を築いた。

 そんな間柄にある両指揮官だが、この日の試合ではチェルシーが先制して迎えた前半途中に、タッチライン際で激しく言い合う場面が見られた。周囲が注目したのは言うまでもない。
 
 だが、英衛星放送『Sky Sports』によると、モウリーニョは試合後の会見で「フランクとのことで、最も大切なのは、どんな言葉を交わしたかよりも、彼に対する私の気持ちだ。彼は現役時代にいつも私にすべてを与えてくれた。それを私忘れることはない」と話した。

「素晴らしい選手であり、友人である彼には、とても借りがあると感じている。彼に言ったのは、才能ある青年監督に対する年老いた監督のいち意見でしかない。選手たちが我々指揮官を必要とするのは、負けているときだとね。勝っている時にタッチラインの主役になる必要はない、と」

 さらに、モウリーニョは「前の試合でチェルシーが0-3で負けていたとき、彼が悲しそうに椅子に座って静かにしていたから、本当に気の毒だった」と続けている。

「サッカーに関して私が彼に教えられることなどない。彼はサッカーを知っている。ただのいち意見を言っただけだ。チームが負けているときはタッチラインにとどまり、勝っているときは冷静を保てとね」

 言い合ったときは負けていたトッテナムだが、後半に追いつき、PK戦を制してラウンドを突破した。もしも負けていたら、モウリーニョの試合後の説明は違うものになっていたのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部