待望の瞬間がやってきた。

 現地時間10月2日に行なわれたマインツ戦(第3節)で、ウニオン・ベルリンの日本代表MF遠藤渓太がついにブンデスリーガデビュ−を果たした。

 今夏に横浜F・マリノスから1年の期限付きで加入した22歳のアタッカーは、プレシーズンマッチで負傷し、開幕には間に合わなかった。

 ようやくこの試合でベンチ入りを果たすと、チームが4−0と大量リードして迎えた82分に出番がやってきた。マーカス・イングバルトセンに代わって左サイドに入り、87分には得意のドリブルでエリア内に持ち込んだが、抜き切ることができなかった。

 時間が短かったため、何かインパクトを残すことはできなかったが、まずはデビューを果たしたことが収穫だ。今後の活躍から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】遠藤が元ドイツ代表戦士と共演! 約14分にも及ぶロングインタビューの様子はこちら