[J1リーグ20節]湘南0-1FC東京/10月4日(日)/Shonan BMWスタジアム平塚

【PHOTO】湘南0-1FC東京|アダイウトンの決勝弾でFC東京が湘南を破り2位浮上!

【チーム採点・寸評】
湘南 5
立ち上がりは悪くなかったが、相手のブロックを崩し切れず、チャンスの創出も限定的。前節からスタメンをすべて入れ替えた相手にシュート1本はあまりに寂しい。終盤失点し、4試合連続無得点で4連敗となった。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 谷 晃生 5.5
裏へのボールに素早く反応し、味方をカバー。ゴールシーンではシュートに触ったが止めきれず。

DF
19 舘 幸希 5.5
カバーリングや1対1の強さを発揮。ビルドアップ時には相手のハイプレスにてこずる場面も。

8 大野和成 6
2試合ぶりにスタメン復帰。背後をカバーしながら、声とプレーで左右の若いCBを引っ張った。

2 田中 聡 6(77分OUT)
裏をケアしながら球際で強さを発揮。落ち着いてボールを動かしオーバーラップも試みたが終盤に負傷交代。
 
MF
6 岡本拓也 5.5
対面のアタッカーを粘り強く封鎖。一方、何度か駆け上がったが、効果的なクロスは限られた。

23 茨田陽生 6(73分OUT)
スルーパスや縦パス、時にシュートを放ち、攻撃のリズムを喚起。守備にも粘り強く献身した。

2 金子大毅 6
プレスバックでピンチを救い、セカンドボールを攻撃に繋げる。サイドチェンジで攻撃に幅も加えた。
 
MF
16 齊藤未月 5.5(54分OUT)
ボール奪取など特長を随所に示す一方、攻撃ではパスは散らしたものの効果的な働きは少なかった。

38 石原広教 5.5
特長である1対1の強さを発揮。守備の貢献の反面、攻撃時のボールロストがもったいない。

FW
13 石原直樹 6
前線で巧みにボールを収める。シュートはなかったが、攻撃の拠りどころとなった。

11 タリク 5.5(77分OUT)
5節・柏戦以来のスタメン。豊富な運動量で守備に献身する一方、チャンスを決め切れなかった。
 
交代出場
MF
28 鈴木冬一 5.5(54分IN)
途中出場で3ボランチの左に入る。巧みなドリブルでアクセントを加え、ゴール前にも進出した。

MF
18 松田天馬 5(73分IN)
サイドボランチに入ったが、ボールに関わる回数が少なく、攻撃でインパクトを与えられなかった。

DF
4 坂 圭祐 ―(77分IN)
交代直後トラップしたボールをさらわれ、その後失点。急な負傷交代で準備が足りていなかったか。

FW
9 指宿洋史 ―(77分IN)
空中戦を含めて前線で身体を張ったが収め切れず、シュートも打てなかった。

監督
浮嶋 敏 5
チームは気持ちを見せてプレーしたが、後半田中の負傷に伴う交代の直後に失点。反撃も相手ゴールを脅かすまでには至らなかった。
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6
ルヴァンカップ準決勝を控え、前節からスタメン全員を入れ替えて臨んだ一戦。辛抱強く試合を進め、後半に交代選手が攻撃を活性化して決勝点を奪取。過酷な連戦が続くなか、アウェーで貴重な勝点3を奪い、2位に浮上した。

【FC東京|採点・寸評】 
GK
13 波多野豪 6
守備機会は少なかったが、キャッチやパンチングで難を逃れ、無失点勝利に貢献した。

DF
37 中村帆高 6.5
味方をカバーしつつ、相手の前線を鋭くチェック。サイドの突破も許さなかった。

5 丹羽大輝 6
組み立てに加わりながら、危険な場面ではシュートブロックなど身を挺してゴールを守った。

32 ジョアン・オマリ 6.5
空中戦の強さを発揮。ゴール前に入ってくるハイボールをはね返し続けた。

49 バングーナガンデ佳史扶 6
スペースにロングフィードを供給し、時に攻め上がった。ゴール前で粘り強い守備も見せた。
 
MF
28 内田宅哉 6
中盤でボールを動かしビルドアップに関わる。時にインターセプトやオーバーラップも見せた。

44 品田愛斗 6
ロングフィードで相手の背後を狙う。得点も品田のロングボールがきっかけ。

8 高萩洋次郎 6
トップ下ではボールロストも見られたが、後半はポジションを下げ、攻撃のリズムを促した。
 
FW
24 原 大智 5.5
ハイプレスで守備に献身。スペースに走りパスも引き出したが、さらなるインパクトを求めたい。

15 アダイウトン 6.5
前線で起点となり、スピードを活かしてシュートに持ち込むなど攻撃を牽引。決勝ゴールを仕留めた。

9 ディエゴ・オリヴェイラ 5
ボールが収まらずサイドで起点をつくれず。右サイドに移ってもプレーは好転せず、前半で交代。
 
交代出場
FW
27 田川亨介 6.5(HT IN)
後半から出場。飲水後、左サイドから決定機を重ね、ゴールシーンでは坂がトラップしたボールを奪い、決勝点をアシストした。

FW
23 矢島輝一 6.5(61分IN)
トップ下に入り、シュートを放つなど攻撃を活性化。絶えずボールに関わりチームの推進力を引き上げた。

DF
25 蓮川壮大 ―(83分IN)
ゲーム終盤、左サイドバックに入りJ1初出場。守備に献身し、無失点勝利に貢献した。

FW
19 宮崎幾笑 ―(90+1分IN)
後半アディショナルタイムに出場。巧みにキープし、時計の針を進めた。

MF
40 平川 怜 ―(90+1分IN)
後半アディショナルタイムに出場。プレスに走り、相手の反撃を限定した。

監督
長谷川健太 6.5
前節から大きくメンバーを変更。試合中ポジションを入れ替えながら、さらに選手交代で攻撃を活性化。アウェーで勝利を掴み、J1通算200勝を達成した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【ハイライト動画&詳細マッチスタッツ】FC東京が虎の子の1点を守り切る!