[J1第21節]鹿島3-2横浜FC/10月10日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
序盤にいきなり2失点と試合の入りは最悪。前半はペースを掴めなかったが、後半は相手を押し込む時間帯が増え、選手交代を機にさらに圧力を強めて逆転に成功。連敗を「2」で止めた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 5.5
懸命のセービングも及ばず、前半だけで2失点。果敢に前に出て松尾のシュートを止めた27分のプレーは良かった。

DF
37 小泉 慶 6.5
常にアグレッシブで、右サイドの攻撃を活性化。アディショナルタイムには荒木のお膳立てから抑えのきいた右足シュートをねじ込む。これが値千金の逆転弾に。

39 犬飼智也 6
試合開始からハードなディフェンスを披露。マイボールにすれば、よく周りを見ながら前進し、攻撃をサポートした。
 
33 関川郁万 6
デュエルでは簡単に負けず。タイトな守りで最終ラインを引き締めて、相手のカウンターにも冷静に対処した。

14 永戸勝也 5.5(68分OUT)
前に出た時は好クロスを入れるシーンも。その回数をもっと増やしたい。1失点目ではファーで構える瀬沼を捕まえきれなかった。

MF
4 レオ・シルバ 6(57分OUT)
素早いトランジションで攻守の両局面で奮闘を続ける。ミドルゾーンの攻防で粘り強く戦った。

20 三竿健斗 6
前半はパスの質が今ひとつで思うような展開を見せられず。ただ、1点目につながるヒールパスは素晴らしかった。
 
MF
7 ファン・アラーノ 7(79分OUT) MAN OF THE MATCH
要所でプレーに絡みながら、高い技術を駆使してチームの攻撃をリード。劣勢の前半も、ひとり“違い”を生み出すパフォーマンス。21分のビッグチャンスは相手GKに阻まれるも、58分にはエヴェラウドのゴールをアシスト。

11 和泉竜司 5(57分OUT)
2失点目の場面では、松尾への寄せが甘くシュートを打たれる。29分にはヘッドで狙ったが決め切れず。攻守でピリッとしなかった。

FW
8 土居聖真 5(57分OUT)
32分、右からのクロスに右足ボレーで合わせたが、シュートは弱くキャッチされる。この日はいつものような存在感を示せず、無念の途中交代。

9 エヴェラウド 7
ヘディングシュートはなかなか決められなかったが、58分の右足シュートはきっちりと流し込む。2点目、3点目では持ち前の“高さ”が起点となった。
 
途中出場
FW
36 上田綺世 6(57分IN)
シュートは打てなかったが、馬力あるプレーで相手に脅威を与える。高い位置からの守備も献身的にこなした。

MF
41 白崎凌兵 6(57分IN)
効果的な縦パスで攻撃を勢いづける。85分には敵陣ペナルティエリア内で後ろから倒されたが、PKは取れなかった。

MF
26 荒木遼太郎 6.5(57分IN)
アジリティに優れ、リズミカルなパスワークも好印象。ゴール前の密集地帯で、素早い反転からの正確なパスで小泉の逆転弾をアシスト。

MF
6 永木亮太 6.5(68分IN)
左SBに入る。守備面のリスクマネジメントを怠らず、堅実に振る舞いながら、自身のCKから2ゴールを演出。

MF
27 松村優太 ―(79分IN)
決定的な仕事には絡めなかったが、自慢のドリブルはキレがあり、ボールが渡ると“何かをやってくれそう”な雰囲気を漂わせた。

監督
ザーゴ 6.5
2点を追いかける後半、積極的な交代策とシステム変更などで主導権を手繰り寄せて3得点。逆転勝利へ導く見事な手腕を見せた。
 
[J1第21節]鹿島3-2横浜FC/10月10日/カシマ

【チーム採点・寸評】
横浜FC 5.5
セットプレーから2点を奪った前半は、攻守ともにほぼパーフェクトな内容。守勢を取りながらカウンターを狙った後半は、相手の勢いに押されてしまい、3失点。痛恨の逆転負けを喫した。

【横浜FC|採点・寸評】
GK
44 六反勇治 5.5
21分にはJ・アラーノにエリア内で打たれるも難なくストップ。だが、怒涛の反撃を受けた後半は、ゴールを守り切ることはできなかった。

DF
3 マギーニョ 5.5
守備では身を挺したスライディング、攻撃では機を見たオーバーラップ。前半のそうしたパフォーマンスを後半も継続させたかった。

19 伊野波雅彦 5
的確なラインコントロールを見せていたが、相手の圧力が強まるとそれを撥ね返せず。3失点目ではアシストした荒木を止められなかった。
 
4 小林友希 5.5
自慢の左足で丁寧な配給。相手の態勢をよく観察して、確実なシュートブロックも見せたが、失点は防げなかった。

26 袴田裕太郎 5.5
前に行くか、後ろに下げるか、その判断は試合を通じて悪くなかった一方、攻撃面でやや迫力不足だったか。

MF
7 松浦拓弥 6(69分OUT)
フリーになるポジショニングでパスを引き出し、テンポ良く捌く。推進力あるドリブルでもボールを前に運んだ。

28 安永玲央 5.5
次の展開を読んだ位置取りで、危ない場面に顔を出して敵の侵入を阻止。ただ、守りに入った時の堅牢さは不十分だった。
 
MF
30 手塚康平 5.5(69分OUT)
瀬沼のゴールをアシストするなど、精緻なFKで好機を作る。つなぎも安定していたが、後半はトーンダウンした。

37 松尾佑介 6(81分OUT)
左サイドからカットインし、コントロールショットでネットを揺らす。だがチームが守備に重心を置くと、自身の良さを出し切れなかった。

FW
13 瀬沼優司 6(87分OUT)
手塚のFKを右足で押し込み、チームを勢いづかせる先制点をゲット。18分の決定機は枠に飛ばしたかった。

16 皆川佑介 5.5(69分OUT)
幅広く動いて、サイドでも起点となる働きぶり。相手CBとのエアバトルでも激しく戦ったが、フィニッシュワークは今ひとつ。
 
途中出場
MF
6 瀬古 樹 5.5(69分IN)
苦しい展開のなかで投入され、中盤で懸命にボールを追いかけたが、相手の厚みのある攻撃を食い止められなかった。

FW
9 一美和成 5.5(69分IN)
カウンターから一発を狙ったものの、良い形でボールが入らず、不完全燃焼。守備のタスクは熱心にこなした。

MF
15 齋藤功佑 5.5(69分IN)
ハードワークしながら、攻撃の糸口を探った。しかし、守備に追われる時間が長く、悔しい内容に。

FW
23 斉藤光毅 ―(81分IN)
ピッチに立っている時間はほとんど鹿島ペースで、前を向いてプレーできる機会は限られ、シュートもゼロで終わる。

DF
5 田代真一 ―(87分IN)
相手のシュートを味方がクリアし、そのこぼれ球が自身の身体に当たってオウンゴール。不運な形で失点に絡んだ。

監督
下平隆宏 5
1点リードで迎えた終盤は5バックにして逃げ切りを図ったが奏功せず。2点を先行する理想的な展開も、勝点は奪えなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第21節PHOTO】鹿島3−2横浜FC|小泉が劇的逆転弾!横浜FCのパスワークに苦戦するも、終盤に畳み掛けた鹿島が勝利!