J1リーグは10月14日に、各地で第22節の9試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対川崎フロンターレの一戦が行なわれ、2−0で川崎が勝利を収めた。

 広島は前回対戦で川崎に5−1の大敗。ただ、そこからは3勝1分1敗とチーム状態は上向きで、リベンジに燃える。一方で川崎はここまで9連勝と圧倒的な強さを維持。今季2度目の10連勝を目指す。
 
 試合は立ち上がりに広島が相手ゴールを脅かす。試合開始の笛と同時に、前線から激しいプレッシングを開始。ボールを奪うとショートカウンターを発動させ、5分には右サイドの連携から茶島雄介が高精度のクロスを送る。ゴール前のレアンドロ・ペレイラにはわずかに合わなかったが、効果的な攻撃を見せる。
 
 しかし、川崎もさすがのパスワークと、前線へのロングボールなど多彩な攻撃で相手ゴールに迫る。10分には、チョン・ソンリョンからのパントキックにレアンドロ・ダミアンが抜け出すも、シュートを放てず。
 
 その3分後には、アタッキングサードでの細かいパス回しから最後は齋藤学が左足を振り抜くもミートせず。
 
 広島もカウンターから好機を創出するなど前半は激しい攻防戦となったが、お互いに得点には至らずスコアレスで折り返す。
 
 後半は激しく攻守が入れ替わる展開となる。それでもしっかりと先手を取ったのは川崎。56分に、登里が左サイドからクロスを上げると、これにペナルティエリア中央で反応したのはL・ダミアン。強烈なヘディングシュートをゴール突き刺す。
 
 広島も60分にグラウンダーのクロスからゴール前の森島司が合わせるも、シュートはクロスバー。その1分後にも青山敏弘が鋭いミドルシュートを放つなど、猛攻仕掛けるもゴールラインを割ることができない。

 さらに終了間際に川崎が、三笘薫の得点で点差を広げ、2−0で快勝した川崎が、今季2度目となる10連勝を飾った。一方で広島は3試合ぶりの黒星となった。
 
 次戦は18日、ともにホームで広島はヴィッセル神戸と、川崎は名古屋グランパスと23節を戦う。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部