[J1リーグ22節]G大阪1-1横浜/10月14日(水)/パナスタ

【チーム採点・寸評】
G大阪 6
パトリックを有効活用し、相手の強みを出させなかった。内容が良かっただけに痛み分けと言える

【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 6
前半の嫌な時間帯に好守を見せる。失点は不運だったがなすべきことはした。キックも無難にこなす。

DF
14 福田湧矢 6
左足が使えないのは弱みだが、それを上回る積極的な仕掛けで小池を苦しめていた。

3 昌子 源 6
J・サントスに入れ替わられる場面もあったが、局地戦の強さはさすが。痛んだ後も最後まで戦い抜く。
 
19 キム・ヨングォン 6.5
昌子との関係性は試合ごとに成熟。プレスをいなす持ち上がりも見せ、貫禄さえ感じさせていた。

27 高尾 瑠 6
小野瀬との関係性もよく、課題の守備も大きく破綻せず。流れの中でダイナミックな攻撃参加も。

MF
10 倉田 秋 6(85分OUT)
福田を上手く活かしながら、攻守でサイドを引き締めた。パスが多かったが、狙い通りのプレー。

8 小野瀬康介 6
ティーラトンがフレッシュな時間帯は守勢に回るも、後半は中央にも入り、攻めに彩りをもたらす。
 
15 井手口陽介 6.5
もはや絶対に代えが利かないパーツに。同点につながるPKを得るロングパスを含め、パスも冴えた。

29 山本悠樹 5.5
本人も予測していなかったと認めた不用意なロストが失点に。後半は臆することなくパスで牽引。

MAN OF THE MATCH
FW 
39 宇佐美貴史 6.5(85分OUT)
ドリブルにキレがないのは気がかりだが、キックは相手の脅威に。裏抜けで得たPKを冷静に決める。

18 パトリック 6(77分OUT)
前半、CKから決定的なヘディングシュートを放つも梶川が好守。前線のターゲットとして奮闘した。
 
交代選手
FW
39 渡邉千真 −(77分IN)
ボールを収めて、カウンターを牽引。身体は明らかにキレているが、シュートは打ち切れなかった。

MF
21 矢島慎也 −(85分IN)
本職でない左サイドハーフでプレー。気持ちは見せたが、決定的な仕事はできなかった。

FW
9 アデミウソン −(85分IN)
古巣相手に燃えていたが、85分からの投入でボールを受ける回数も少なく、もっと早く見たかった。

監督
宮本恒靖 6
相手の弱みをうまく見極め、適した選手を送り出した。ただ、後半もう少し早く動いても良かった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
指揮官は「フェアな結果」と評したが、疲労感は否めず、攻守で完全に相手に遅れを取る。

【横浜|チーム採点・寸評】
GK
21 梶川裕嗣 6
PKを与えた場面の対応は課題だが、それまでに2本好守。とりわけパトリックのシュートへの対応は見事だった。

DF
25 小池龍太 5
前半はマルコスと絡み攻め上がる場面もあったが、後半は自陣でイージーなミスを繰り返した。

15 伊藤槙人 6
危ない場面で身体を張り、失点を防いだが、ビルドアップに関しては課題山積。判断が悪い場面も多かった
 
44 畠中槙之輔 6.5
前半、パスミスもあったが、徐々に持ち直し、後半の苦しい時間帯を小池とともにしのいでいた。

5 ティーラトン 5.5
前半、小野瀬を守勢に回らせ、効果的な攻撃参加もあったが、連戦の疲労か徐々に埋没していった。前半はマルコスと絡み攻め上がる場面もあったが、後半は自陣でイージーなミスを繰り返していた。

MF
6 扇原貴宏 5.5
高い位置に絡んだ時に精度とアイデアを欠く。苦し紛れのシュートもあり、持ち味出せず。

26 渡辺皓太 6
セカンドボールを拾い切れない苦しい時間があったが、懸命にプレー。思い切りの良いミドルもあった。

33 和田拓也 5.5
最終ラインを埋めたが、ややミスマッチ感も。特に前半は自陣ゴール前で危ないプレーもみられた。
 
FW
17 エリキ 6
前半は攻撃を活性化。山本から抜け目なくボールを奪ったことが先制点につながったが後半は疲れた。

37 ジュニオール・サントス 5(77分OUT)
両チーム最多タイのシュート4本も相手の脅威にならず。昌子に封じられ、プレー精度も低かった。

9 マルコス・ジュニオール 6
万全ではない中で前半は攻守に奮闘。先制点も見事だったが、後半自陣でパスミスをしリズム崩す。
 
交代選手
FW
38 前田大然 −(77分IN)
見せ場は投入直後に倉田のパスミスをさらった場面のみ。しかし肝心のチャンスに痛恨のキックミス。

監督
アンジェ・ポステコグルー 5
超過密日程で次節も見据えたのだろうが、それでも交代1人というのは不可解。和田の起用法も疑問。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェスト編集部