[J1リーグ23節]湘南3-2柏/10月18日(日)/Shonan BMWスタジアム平塚

【PHOTO】湘南 3−2 柏|先制点の岡本が歓喜の涙。湘南が7試合ぶりの勝利を挙げる

【チーム採点・寸評】
湘南 6.5
試合開始早々右サイドを崩し、幸先よく先制。セットプレーから同点に追いつかれ、一時は逆転を許すも、以降セカンドボールから怒涛の攻めを繰り出し見事逆転に成功。連敗を止め、7試合ぶりの勝利を掴んだ。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 谷 晃生 6
先制直後しっかりセーブするなどピンチを防いだが、フリーでシュートを打たれ2失点を喫した。

DF
19 舘 幸希 6
2失点目に繋がったボールロストは反省点。一方、守備では冷静に対応。決定機もかき出した。

4 坂 圭祐 6
味方をカバーしながら最終ラインを統率。精度の高いサイドチェンジも攻撃にアクセントを加えた。

8 大野和成 5.5
相手FW陣を厳しくチェックし自由を与えず。セットプレーではオルンガに巧みにマークを外された。
 
MF
MAN OF THE MATCH
6 岡本拓也 7
試合開始早々先制点を仕留め、決勝ゴールもアシストして勝利に貢献。主将の重責を結果で果たした。

23 茨田陽生 6(62分OUT)
守備に走りつつシンプルなタッチで攻撃にリズムをもたらす。先制点もアシストした。

2 金子大毅 5.5
中盤で粘り強く相手の起点を潰すなど守備に献身。かたや相手の決定機に繋がるパスミスもあった。
 
MF
32 田中 聡 5.5(62分OUT)
素早くプレッシャーをかけ、球際も厳しく寄せるなど、湘南らしい守備を体現した。

26 畑 大雅 5.5(90+3分OUT)
J1初先発。持ち前のスピードを活かし、ドリブルでカットインするなど攻撃の特長を示した。

FW
13 石原直樹 6.5(84分OUT)
前線で起点となり味方の押し上げをサポート。決勝ゴールを挙げ、7試合ぶりの勝利をもたらした。

11 タリク 6(84分OUT)
両チーム最多となる4本のシュートは決め切れなかったが、同点ゴールをアシストした。
 
交代出場
MF
18 松田天馬 7(62分IN)
モビリティを活かして数多くボールに関わり攻撃を活性化。流れを手繰り寄せ、同点ゴールも決めた。

MF
16 齊藤未月 6(62分IN)
松田とともに途中出場。パスをさばいて攻勢を促し、勝利に貢献した。

FW
20 岩崎悠人 ―(84分IN)
持ち前のドリブルでファウルを誘うなど、限られた時間のなかで勝利に献身した。

FW
9 指宿洋史 ―(84分IN)
セットプレーの守備でクロスをはね返し、前線でキープするなど役割を果たした。

DF
38 石原広教 ―(90+3分IN)
試合終了間際に出場。見せ場はなかったが、クローザーとして試合を締めた。

監督
浮嶋 敏 6
チームはいいゲームの入りから早々に先制。後半逆転されたが、選手交代で流れを手繰り寄せ、再度逆転してホームのサポーターに勝利を届けた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 
【チーム採点・寸評】
柏 5.5
立ち上がり早々に失点したものの、前半のうちに追いつきゲームを振り出しに。後半に入り逆転にも成功したが、その後攻撃が単調になり、セカンドボールの奪い合いでも後手に回って押し込まれ、逆転負けを喫した。

【柏|採点・寸評】 
GK
17 キム・スンギュ 5.5
決定機を阻み、攻撃では素早いリスタート。先制を許した場面はクロスを予測して先に動いてしまったか。

DF
13 北爪健吾 6
ロングボールを前線に供給。ときにドリブルで攻め上がるなど、カウンターも仕掛けた。

50 山下達也 6
空中戦を制し、押し込まれてもヘディングではね返す。ゴール前のピンチにも身体を張った。

25 大南拓磨 5.5
高さを活かしてヘディングの強さを発揮。一方、湘南の先制の場面ではゴール前で一瞬対応が遅れた。

20 三丸 拡 5.5
前線に配球し、自らも機を見て攻撃参加したが、全体的に相手の右サイドに押された印象。
 
MF
27 三原雅俊 5(HT OUT)
ゲーム序盤、攻め上がってシュートを放つ場面もあったが、前半をもって退いた。

8 ヒシャルジソン 5.5
タイトに寄せ、またセカンドボールを収めて攻撃を促した。逆転してからは防戦に回った。

33 仲間隼斗 6(84分OUT)
ピッチを幅広く動き、ビルドアップに加わる。守備の戻りも速かった。
 
FW
9 クリスティアーノ 6
セットプレーで同点ゴールをアシスト。試合終了間際の決定機は相手の粘り強い守備に阻まれた。

10 江坂 任 6(79分OUT)
攻撃のリズムを喚起し、逆転ゴールをアシスト。自らのシュートは湘南守備陣の好守に阻まれた。

14 オルンガ 6.5
高さを活かしてセットプレーで同点ゴールを決める。さらに高い位置でボールを奪い返し、逆転の起点にもなった。
 
交代出場
MF
39 神谷優太 6.5(HT IN)
後半から出場すると、早々にシュートを放つなど攻撃を活性化。逆転弾も流し込んだ。

MF
5 小林祐介 ―(79分IN)
同点直後に出場。1対1でボールを奪うなど中盤を締めたが、勝点を持ち帰ることはできなかった。

FW
37 鵜木郁哉 ―(84分IN)
試合終了間際にクロスで決定機を演出。ゴールはならなかったが限られた時間のなかで見せ場をつくった。

監督
ネルシーニョ 5.5
同点で迎えた後半、選手交代で攻撃をテコ入れ。すぐに逆転に成功したが、その後ラインが間延びし、相手の反撃を許した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 

構成●サッカーダイジェスト編集部