レジェンドのセレクトが波紋を広げている。

 マンチェスター・ユナイテッドで右SBとして活躍し、キャプテンも務めた元イングランド代表DFのガリー・ネビルが先日、自身のツイッターでファンからのリクエストに応じて、古巣の「歴代外国人ベスト11」を選出した。顔ぶれは以下の通りだ。

[GK]
ペーター・シュマイケル(元デンマーク代表)

[DF]
ラファエウ(元ブラジル代表)
ヤープ・スタム(元オランダ代表)
ネマニャ・ヴィディッチ(元セルビア代表)
パトリス・エブラ(元フランス代表)

[MF]
クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ファン・セバスチャン・ベロン(元アルゼンチン代表)
ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)
カルロス・テベス(元アルゼンチン代表)

[FW]
エリック・カントナ(元フランス代表)
ルート・ファン・ニステルローイ(元オランダ代表)

 とりわけサプライズを与えたのが、セントラルMFだ。強烈な存在感を発揮しているとはいえ、加入してまだ1年未満のB・フェルナンデス、そして“失敗した移籍”として挙がることも多々あるベロンが選出された一方で、ポール・ポグバが外れたことを驚きをもって伝える英メディアも少なくなかった。
 
 さらに、韓国メディア『スポータルコリア』噛みついた。「なぜパク・チソンがいない?」と見出しを打ち、次のように綴ったのだ。

「パク・チソンの名前はなかった。両サイドで、C・ロナウドとテベスが選ばれたとはいえ、中盤は少し理解できない。ユナイテッド時代は大きなインパクトを与えなかったベロンとチームに合流して1年足らずのB・フェルナンデスが選ばれたからだ」

 さらに、『スポータルコリア』は英メディア『Planet football』の「ネビルの選択を受けなかった最高の選手5人」という記事を引用。「パク・チソンに最初に言及した」とし、その一部を紹介した。

「パク・チソンの選外を最も残念に思う。彼はユナイテッドのスターがなかったかもしれないが、アレックス・ファーガソン監督が敬意を表わすほど重要な役割を果たした」

 ちなみに他の4人は、ポグバのほか、現監督のオレ・グンナー・スールシャール、ナニ、アントニオ・バレンシアだった。

 現在は辛口解説者として人気を博しているネビルだけに、選出の理由も興味深いところだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】名将ファーガソンも惚れ込んだパク・チソンのスーパープレーはこちら