現地時間10月29日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節で、I組のビジャレアルが、アゼルバイジャン王者のカラバフとの一戦に臨んだ。

 アゼルバイジャンがアルメニアと紛争中のため、中立地であるトルコのイスタンブールで開催された“異例”のアウェーゲームで、久保建英は公式戦3試合連続のスタメン出場。4-1-4-1の左サイドハーフに入った。

 その19歳の1ゴール・2アシストの活躍で第1節のシワススポル戦に5-3で勝利したビジャレアルは16分、久保のショートコーナーからマヌ・トリゲロスが上げたクロスをCFバッカがヘッド。しかし、これはポストに嫌われる。

 32分のFKでは、久保もスポットに立ったが、マヌ・トリゲロスが直接シュート。これもGKの好セーブに防がれた。

 前半はビジャレアルが主導権を握っていたものの、それほどチャンスを作り出せず、0−0で終了。これまでも左サイドで出場した試合は精彩を欠いている久保も、タッチ数はバッカに続いてチームで2番目に少ない19回で、見せ場を作り出せなかった。

 後半に入って54分、久保が起点となった攻撃から、バッカのパスを受けた右サイドハーフのチュクウェゼがシュート。こぼれ球に久保が詰めたが、触るのがやっとで枠を捉えられない。

 ただ、この時間帯当たりから久保の存在感が一気に高まる。60分には、右サイドからカットインする得意の形からシュートを放つが、GKの正面を突く。その3分後には、チュクウェゼのシュートがDFにブロックされたものの、左サイドからの鋭いクロスで決定機を創出する。

 さらに69分にも、見事なスルーパスでチャンスを演出したが、この試合で中盤に起用されたハウメ・コスタが決め切れない。
 
 前半とは別人のように動きが良くなった久保を牽引車にゴールに迫っていたビジャレアルだったが、75分の3枚替えで、16番もまさかの交代。パコ・アルカセルに代わってベンチに下がる。

 この交代で流れが変わり、カラバフの反撃を受けたビジャレアルは、78分に浮き球のパスからクワベナに先制ゴールを許す。

 だが、これでは終わらなかった。その2分後に、途中出場のピノが豪快なシュートを突き刺し、すぐに振り出しに。さらに85分にも、チュクウェゼがエリア内で粘って送り込んだパスをアルカセルがきっちり決めて逆転に成功する。

 後半アディショナルタイムにも、アルカセルのPKで加点したビジャレアルが3−1で勝利し、2連勝。結果的に交代選手の2人がゴールを奪ったとはいえ、押している時間帯にその中心だった久保を下げたエメリ監督の采配は、物議を醸しそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】2G1A以外にも圧巻プレー連発!UEFAが公開した久保建英のELデビュー戦プレー集