セリエAのミランに所属するズラタン・イブラヒモビッチが、イタリア国民に向けて新型コロナウイルス対策を訴えた動画が大きな反響を呼んでいる。

 イタリア・ロンバルディア州のキャンペーン映像に出演したイブラヒモビッチは、数週間前にPCR検査で新型コロナウイルスで陽性反応が判明。数週間の治療と隔離と経て、現在はチームに合流。3試合出場で6ゴールという結果を残し、現時点での得点ランキングトップに立っている。

 そんなサッカー界きってのカリスマが、現地時間29日に公開された映像で「オレはウイルスからの挑戦を受け、勝利した」と語りつつ、以下のメッセージを発信している。

「だが、お前はズラタンではない。ウイルスに挑戦しようとするな。ルールを守り、頭を使え。常にソーシャル・ディスタンスを守り、マスクを着用しろ。そうすることで、オレたちが勝利を手にすることになる」
 
 この映像はイブラ自身のSNSからも発信され、インスタグラムでは110万ビューを超える大反響となっている。ファンからは「彼こそキングだ」「ズラタンのイタリアのための行動に感謝を」「“神”の言うことを信じよう。従うべきだ」などのコメントが寄せられている。

 なかには、同じセリエAで戦うユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドが新型コロナの陽性反応により隔離されてからの行動と比較する声も。「彼がクリスチアーノ・ロナウドよりも偉大な証」「無知なポルトガル人とは対照的で、責任感のある行動だ。ブラボー!」「意識を高める人と、でたらめ呼ばわりする人の差は明らかだな」といった声も見られた。

 ヨーロッパにおいてパンデミックがかなり深刻なイタリアでは、ここ数週間で新規感染者も急増。マスクや濃厚接触のリスク対する対応が「杜撰」と指摘する声もある。

 イブラヒモビッチの真摯な呼びかけは、国民の行動を変える第一歩になるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】イブラがマスク姿で「コロナ対策」を訴え! 「オレは勝利したが、お前はズラタンじゃない」