J1リーグは11月3日、各地で26節の7試合と31節の1試合を開催。首位を独走する川崎フロンターレが今季2度目の敗戦を喫し、連勝は12でストップした。

 ホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦した川崎は、立ち上がりからリズムを掴めず、押し込まれる展開が続いた。するとスコアレスで迎えた62分に、高い位置で奪われショートカウンターから失点。さらにその3分後にも、再びカウンターから荒野拓馬に追加点を挙げられ、0−2の完封負け。川崎の連勝記録はここで途絶えた。

 前節2位のガンバ大阪と4位のセレッソ大阪が激突。リーグ戦で40回目となる“大阪ダービー”は上位対決となった。試合はアウェーのG大阪が、32分に井手口陽介の強烈なシュートで先制。しかしすかさず反撃に出たC大阪が、わずか2分後に豊川雄太の得点で同点に。その後も一進一退の攻防が続いたが、最後までスコアは変わらずドロー決着となった。

 2連勝中の3位・名古屋グランパスは、15位・サガン鳥栖のホームに乗り込んだ。前半から果敢に攻勢に出た名古屋だったが、最後の局面で精度を欠き、なかなかネットを揺らせず。終盤にはガブリエル・シャビエルが一発退場で数的不利となりながらも、最後まで無失点に抑えたが、手痛いスコアレスドローで終了した。

 清水エスパルス対ヴィッセル神戸の一戦は、清水がホームで3−1の快勝を収め、8試合ぶりの白星。5試合負けのない好調の浦和レッズは、開始3分に先制点したものの、サンフレッチェ広島に終盤同点に追いつかれ、1−1の痛み分け。大分トリニータは試合終了間際の田中達也の劇的弾で横浜FCに3−2と勝利し、勝点を33に伸ばしている。

 また、ACLの日程に伴い行なわれた31節の横浜F・マリノスと鹿島アントラーズの戦いは、鹿島が2点のビハインドを覆し逆転勝利。勝点を48とし、順位を5位に上げている。
 
 J1・26、31節の結果は以下の通り。

【26節】
仙台 試合中止 柏
鳥栖 0−0 名古屋
川崎 0−2 札幌
C大阪 1−1 G大阪
清水 3−1 神戸
横浜FC 2−3 大分
広島 1−1 浦和

【31節】
横浜 2−3 鹿島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部