[J1第27節]鹿島1-1川崎/11月14日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 6
試合日の朝に新型コロナウイルスの陽性者が出たことが発表され、開催の可否も不透明だったなかで、川崎を相手に粘り強く勝点1をゲット。「選手たちも寝不足の部分はあると思う」とザーゴ監督が振り返ったなかで、先制されながらドローに持ち込んだ。この勝点を次節につなげられるか。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
素晴らしいシュートを決められた失点シーンは悔しいはず。一度、ファンブルから中村に狙われたが、他のシーンでは好セーブを見せ、勝点1獲得に貢献した。
 
DF
37 小泉 慶 5.5(64分 OUT)
三笘の対応に苦慮した印象で、攻撃にも大きく関われず。球際では奮闘していたが……。
 
39 犬飼智也 5.5
21分にはクロスで上田の決定機を演出。相手を押し込んだ際には攻撃に関わった。それでもイエローを受けるなど三笘の対応では後手を踏むことも。
 
 
3 奈良竜樹 5.5
古巣との初対戦に気合十分でピッチへ。失点シーンでは難しい対応を強いられ、脇坂に上手くシュートを打たせてしまった。ただ、78分にはエリア内でL・ダミアンのシュートを魂のブロック。試合とは関係ないが、戦友や川崎のサポーターとの交流は微笑ましいシーンだった。
 
16 山本脩斗 6
序盤こそ家長に良い形でボールを持たれたが、その後は辛抱強く対応。沖がファンブルしたボールもカバーした。試合終盤のヘッドを決めていればヒーローだった。

MF
20 三竿健斗 5
デュエルの強さを活かしてガツガツと相手に寄せ、後半はボールの配球も求められた。しかし終了間際に危険なタックルで退場に。やや後味が悪いゲームに。
 
4 レオ・シルバ 5.5(64分 OUT)
ボールの回収を目指しながら、パスの散らし役を担う。ただ、フィードが相手に引っかかることも少なくなかった。

【J1第27節PHOTO】鹿島1−1川崎|脇坂のゴールで川崎が先制するも…ホーム・鹿島の猛攻に遭いドロー決着!優勝王手はお預けに
MF
7 ファン・アラーノ 4.5(HT OUT)
痛恨のパスミスで脇坂に独走を許してゴールを奪われた。仕掛ける意識は高かったが、挽回できぬままハーフタイムで交代に。
  
8 土居聖真 5.5
前線で組んだエヴェラウド、J・アラーノらの動きを見ながらバランスを取ってプレー。ただしより自分でも仕掛けても良かったか。それでもエヴェラウドのゴールの場面では潰れ役になった。

FW
9 エヴェラウド 7
機動力を活かして川崎にプレッシャーをかけ続け、75分には貴重な同点弾。気持ちのこもったゴールだった。
 
36 上田綺世 6(81分OUT)
チャンスはあっただけにストライカーとして1本は決めたかった。しかし動きは悪くなかった点を加味すれば、「6」が妥当か。
 
交代出場
MF
30 名古新太郎 5.5(HT IN)
後半頭からピッチへ。空いたエリアへのフリーランを繰り返すも、味方となかなか息が合わなかった。

MF
25 遠藤 康 6.5(64分 IN)
中央にポジションを取りながら、サイドに流れて味方とも連係。エヴェラウドの得点にも絡み、試合終盤には山本の決定機も演出した。
 
DF
22 広瀬陸斗 6.5(64分IN)
右SBとして果敢に前へ仕掛け、エヴェラウドのゴールを導く。手応えの得られる働きをこなした。

FW
15 伊藤 翔 ―(81分IN)
スピードを活かして相手の最終ラインの裏を狙った。ただシュートは打てず。

監督
ザーゴ 6.5
新型コロナウイルスの陽性者が出たことで、難しい采配を余儀なくされる。それでも1点ビハインドで迎えた後半は布陣を変更し、遠藤、広瀬の投入も当たり。チームに勝点をもたらした。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
川崎 6
試合当日に開催が不透明となり、準備は難しかったはず。それでもゲームの入りは上々で、相手のミスを見逃さずに18分には先制に成功。ただ後半は相手の対応策もあり、苦しい時間が短くなく、終盤に同点に追い付かれる。同日に2位のG大阪が敗れたため、勝てば、最速優勝へ王手だったが、敵地で得た勝点1を次にどうつなげるか注目だ。

【川崎|採点・寸評】
 GK
1 チョン・ソンリョン 6.5
21分には上田のヘッドをファインセーブ!! 失点シーンでも一度はエヴェラウドのヘッドを防ぐなど反応は良かった。それだけに弾いたボールをエヴェラウドに詰められたゴールは悔しいはず。
 
DF
13 山根視来 5.5
冷静に守りながら、後半には惜しいシュートを放つなど見せ場も。ただ失点シーンではエヴェラウドに上手くヘッドを許してしまった。
 
4 ジェジエウ 6
エヴェラウドやJ・アラーノらとマッチアップし、最初のアタックでボールを奪えずとも、快足を飛ばして自らカバー。後半はより負担が増えた。
 
 
5 谷口彰悟 6
ミスやゴール前の危ない位置でのファウルがあった点は反省材料も、守備の要としてギリギリのボールをクリアしていた姿は評価したい。ただ無失点で締められなかった点はやはり納得がいかないか……。
 
2 登里享平 6
的確に守備をしながら、同サイドの三笘にボールが入ると察知すればオーバーラップ。左サイドを支えた。

MF
25 田中 碧 6
この日はアンカーとしてプレー。ディフェンスに走りながら縦パスを狙った。ただ後半は上手く相手を押し返せず。
 
14 中村憲剛 6(64分OUT)
前半は特に今季限りで引退を決めているとは思えない存在感のあるプレー。インサイドハーフとして上手くポジションを取り、攻撃にリズムを加えた。後半には決定機を迎えるもポスト。
 
MF
8 脇坂泰斗 7(78分OUT)
相手のミスを見逃さずにドリブルで持ち上がると、コースを絶妙についたシュートで先制点をゲット! 大きな仕事をこなした。
 
FW
41 家長昭博 5.5(88分OUT)
右サイドで時間を作りつつクロス。序盤はチャンスを作り、その後はサイドチェンジのパスなども光ったが、ゴールは演出できず。やや不完全燃焼の感が。
 
18 三笘 薫 6(78分OUT)
この日はスロースタートの印象も、やはりドリブルワークは高レベル。先制点の場面では脇坂の横を全力疾走し、DFの注意を引きつけた。後半は鹿島守備陣を翻弄。
 
9 レアンドロ・ダミアン 6(88分OUT)
なかなか決定機に絡めずとも幅広く動き、ポストプレーを含めてチームに貢献。守備にも走った。
 
 
交代出場
MF
10 大島僚太 6(64分 IN)
中村との交代で久々にピッチへ。リード時は守備に気を使いながら、同点に追い付かれた後は前へ。持ち前のパスセンスは発揮した。
 
MF
22 下田北斗 ―(78分 IN)
同点に追い付かれた直後に登場。ディフェンスでバランスを取りながら、奪えば前へつないだ。
 
MF
16 長谷川竜也 ―(78分 IN)
待望の戦列復帰を果たす。ただ時間が限られ、得意のスピードに乗ったドリブルは見せられず。今後に期待。
 
MF
34 山村和也 ―(88分 IN)
この日もCFとしてプレー。一本、惜しいシュートを放つなど、機敏な動きを示した。
 
MF
19 齋藤 学 ―(88分 IN)
サイドからの打開を図る。ただ出場時間が少なく、アピールとはいかず。
 
監督
鬼木 達 6
数時間前まで試合開催の可否が決まらず、難しい舵取りを求められた。同点に追い付かれた後の打開策は奏功せずとも、チームは全体的に好感の持てるパフォーマンス。この勝点1をどうつなげるかだ。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)