[J1リーグ31節]神戸0-1浦和/11月18日/ノエスタ神戸
 
【チーム採点・寸評】
神戸 6.5
システムを前節の4-3-3から4-4-2に変更。ミラーゲームで挑み、古橋、佐々木大、山川、初瀬がサイドを崩す展開に。だが、最後まで浦和ゴールを割れず5連敗に。

【神戸|採点・寸評】
GK
1 前川黛也 6
30分の橋岡の決定機を阻止。55分にはレオナルドのシュートを足で防ぐなど好プレーを連発も勝利には結びつかず。
 
DF
23 山川哲史 6
29分の佐々木大への鋭いクロスをはじめ、積極的な攻撃でリズムを作った。75分には古橋へロングフィードでチャンスメイク。
 
17 菊池流帆 6
12分、武藤からマルティノスへのパスを阻止するなどいい守備を見せた。試合終了間際にはイニエスタのFKから惜しいオーバーヘッドも。
 
3 渡部博文 6
前半終了間際の汰木のミドルシュートをブロック。攻撃では後方からいい組み立てを見せるなどそつなくプレー。
 
19 初瀬 亮 6(89分OUT)
橋岡とのマッチアップは迫力があった。守備ではマルティノスに食らいつき、攻撃でも積極的なプレーでチームを引っ張った。
 
MF
11 古橋亨梧 6.5
長いドリブルでのカウンターで何度もチャンスを作った。76分には山川のスルーパスから好機を迎えたが決められず。悔しい無得点。
 
27 郷家友太 6.5
ボランチでプロ初先発。ポジショニングが良く、しっかりゲームを組み立てた。44分にはミドルシュートがポストに嫌われた。
 
5 山口 蛍 6
ボランチ郷家との距離感もよく、相手のパスコースを消す上手い守備を見せた。攻撃でも佐々木大の決定機を演出。
 
38 佐々木大樹 6.5(72分OUT)
4-4-2の左サイドハーフで先発。橋岡と激しくやり合いながら、再三チャンスを作った。36分のカットインシュートは惜しかった。
FW
9 藤本憲明 5.5(89分OUT)
田中のクロスに対してニアに飛び込むなど、ストライカーらしいプレーもあった。だが、シュート1本では物足りない。
 
21 田中順也 5.5(72分OUT)
10分には古橋からの横パスを右足でシュート。70分には橋岡のヘディングでのクロスを頭でクリア。要所で好プレーも、ゴールは遠かった。
 
交代出場
MF
8 アンドレス・イニエスタ 6(72分IN)
田中と交代で入り、トップ下に。前線でタメを作りながら攻撃のリズムを作った。85分には小川の落としから惜しいシュートも。
 
FW
13 小川慶治朗 5.5(72分IN)
佐々木大と交代し、左サイドハーフへ。鋭いカウンターで前線にボールを運び、相手ディフェンスラインを押し下げた。シュートは0本がやや残念。
 
41 小田裕太郎 ―(89分IN)
藤本と交代でピッチへ。アディショナルタイムと合わせて約6分間プレー。短い時間では持ち味を出せず評価なし。
 
DF
24 酒井高徳 ―(89分IN)
初瀬と交代で入り、そのまま左サイドバックへ。限られた時間のなかで鋭いクロスなど光るプレーもあったが、出場時間が短く評価はなし。
 
監督
三浦淳寛 5
4-4-2でミラーゲームを挑むなど勝負師の顔をのぞかせたが5連敗。課題の失点以上に3試合無得点が気になる結果に。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
浦和 7
前節6失点の大敗から中3日で守備を立て直した。マルティノスが右サイドで躍動し、83分には山中のクロスから見事な決勝点。最後は完封でゲームを締めた。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6.5
36分の佐々木のミドルを冷静に防いだのはさすが。後半アディショナルタイムには菊池のオーバーヘッドをビッグセーブ。勝利に貢献。
 
DF
27 橋岡大樹 6
前半は佐々木大のタイトディフェンスに苦しむも、徐々に主導権を握った。30分の決定機は残念ながらGK前川に阻止された。
 
20 トーマス・デン 6
60分の佐々木大のカウンターをタックルで阻止するなど好守備を見せた。攻撃では48分にCKから惜しいヘディングシュートも。
 
5 槙野智章 6
曖昧なポジションを取る田中や藤本を警戒しながら古橋のドリブルに対応。クロスを中央で弾き返すなど難しいミッションを貫徹。
 
3 宇賀神友弥 5.5(59分OUT)
古橋のカウンターにやや手を焼いた印象。守備に追われ、攻撃面ではなかなか本来のプレーが見せられず、後半早々に山中と交代。
 
MF
MAN OF THE MATCH
11 マルティノス 7(86分OUT)
右サイドで攻撃の起点に。内側にポジションをとって橋岡の攻撃スペースを作るなどスマートさも光った。そして決勝点。内容、結果ともにMOM。
 
16 青木拓矢 6.5(79分OUT)
相手の縦パスを読み、神戸の中央突破を許さなかった。前半アディショナルタイムには絶妙なロングフィードで興梠の決定機も演出。
 
7 長澤和輝 6.5
青木よりやや高い位置で何度も相手パスをインターセプト。ビルドアップの軸を成し、攻撃時には最前線まで駆け上がるなど攻守で高い存在感。
 
24 汰木康也 6
左サイドで攻撃の起点に。前半終了間際には、菊池のクリアボールをそのままワンタッチボレー。攻撃面でいいプレーを見せた。
 
FW
30 興梠慎三 6.5(86分OUT)
常に背後を狙い、相手DFに圧力を与えた。60分にはレオナルドの浮き球パスに反応し、DF3人に囲まれながらもボレーシュートも。
 
9 武藤雄樹 6(HT OUT)
中間ポジションでうまくパスを受けて攻撃にリズムを与えた。28分のショートコーナーから興梠へ絶妙なクロスも。存在感は出したが前半で交代に。
 
交代出場
FW
45 レオナルド 6.5(HT IN)
武藤と交代で後半からピッチへ。高いキープ力を活かし、前線を活性化。60分の興梠への浮き球パスなどアイデアも豊富だった。
 
DF
6 山中亮輔 6.5(59分IN)
宇賀神と交代で入り、そのまま左サイドバックへ。リスクを負いながらも積極的に攻めて流れを呼び込む。83分のマルティノスのアシストは見事。
 
MF
8 エヴェルトン ―(79分IN)
青木と交代し、そのままボランチへ。青木と同じく、鋭い読みで神戸のパスワークを狂わせた。出場時間が短く評価はなし。

MF
39 武富孝介 ―(86分IN)
決勝点を挙げたマルティノスと交代。酒井やイニエスタを厳しくチェックし、逃げ切りに貢献。出場時間が短く評価はなし。
 
FW
14 杉本健勇 ―(86分IN)
興梠と交代で、そのまま2トップの一角に。出場時間が短いため評価なしだが、高い技術でボールを収めて時間を稼いだ。

監督
大槻 毅 6.5
後半の頭からレオナルドを投入し、59分に山中を入れて流れを変えるなど采配的中。前節6失点から見事にチームを立て直した印象。
 
取材・文:白井邦彦(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。