スポーツチャンネル配信大手の「DAZN」は11月24日、先日放送が終了したテレビ朝日系サッカー専門番組「やべっちF.C.〜日本サッカー応援宣言〜」などでもおなじみのお笑い芸人、矢部浩之氏をメインパーソナリティーに迎えた新番組の配信を発表した。

 お笑いコンビ、ナインティナインの矢部浩之さんがMCを務め2002年の4月7日にスタートし、18年半に渡って放送されてきた「やべっちFC」は今年9月末をもって放送が終了。サッカーファンや選手から、打ち切りを悲しみ声も挙がっていた。

 これを受けて、Jリーグの全試合を中継し、オリジナルコンテンツにも力を入れているDAZNが、サッカー通の矢部氏に白羽の矢が立て、新たな番組を配信することになった。
 
 新番組名は「フットボールプログラム、やべっちスタジアム」。ロゴは「やべっちFC」を彷彿とさせるカラーリングを採用している。

 会見ではDAZNのマーティン・ジョーンズ氏が「日本サッカー界のスーパースター選手」と“獲得”を発表。「日本サッカー界に長く貢献した」と評価した矢部氏を紹介した。「今回の新番組はノン・ライブコンテンツ拡充の新たな1歩」として「サッカー業界、また次のファンを育てていくこと」を目的としたものとなるという。

 矢部氏本人も「『やべっち』こと矢部浩之です。この度DAZNさんに新加入しました」と挨拶。

「テレビというピッチで18年半に渡ってサッカーを応援してきたが、そのなかで、選手、ファンに逆に応援されていた」と語り、これからも新番組でサッカーを応援し続けることを宣言した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部