バルセロナのアントワーヌ・グリエーズマンが、絶えず不仲を噂されるリオネル・メッシや、そのメッシを批判する周囲の声に言及した。

 スペイン紙『MARCA』によると、グリエーズマンは『Universo Valdano』でのホルヘ・バルダーノ氏とのインタビューで「入団会見でピッチの外ではなく中で話したいと言ったけど、もうはっきりさせるべきだと思う。長い間、いろいろなことや発言に我慢してきた。もういいだろう」と述べている。

「自分にだれとも問題がなく、できるだけ向上しようと集中していることを知ってもらいたい」

 先日から騒がれていたのは、自身とつながりのあったエリック・オルハッツ氏が、メッシを「皇帝」「君主」と呼び、「嘆かわしい姿勢」「恐怖政治」「バルセロナは彼がすべてを支配する深刻な問題を抱えるクラブ」とこき下ろしたことだ。

 グリエーズマンは「結婚した日に彼とは関係を切った。結婚式に招待したけど来なかったんだ。だから彼との関係をやめた」と明かしている。

「彼が話すのは、僕の父や姉がメディアに話さず、彼に連絡がいくからだよ。でも、レオは僕が彼に対してとても敬意を払っていること、彼を称賛していることを知っている」
 
 オルハッツ氏だけではない。グリエーズマンのおじもメッシを批判した。だが、グリエーズマンは「おじはサッカーがどういうものか知らないんだ」と述べている。

「結局は記者が発言を引き出したんだよ。レオには、僕がおじと話しておらず、電話番号すら知らないと伝えた」

 グリエーズマンは一度、バルセロナ移籍を断った。その際のドキュメンタリーが、バルサの面々を怒らせたとも言われる。そして、1年後にグリエーズマンはバルサに加わった。

 ドキュメンタリーについて、グリエーズマンは「移籍するかどうかがいかに難しいかを示したかった。選手としてどうすべきか、どう決めるべきか分からないものだと見せたかっただけ」と説明している。

「(バルセロナに)来たときに、レオと話して、最初に断ったときには苛立ったと言われた。公に求めていたからね。でも、彼は僕とやっていくと言ってくれた。そしてそれを毎日感じている」

 もちろん、メッシとグリエーズマンがともに輝き続けていれば、騒がれることはなかっただろう。グリエーズマンも、パフォーマンスに対する批判は受け止めるべきだと考えている。ただ、バルセロナが難しい状況にあったことも強調した。

 フランス代表FWは「批判を受け入れる。ベストのグリエーズマンを見ることができていないからだ。ただ、何かあれば真っ先に自分のことが言われるというのも分かっている」と続けている。

「1年半で監督3人、簡単じゃない。チームメートに慣れるための時間、チームメートたちが僕に慣れるための時間が必要なんだ。それに、システムの変更もあった」

 このインタビューを、メッシはどのように受け止めただろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部