[J1リーグ29節]大分0-1C大阪/11月25日(水)/昭電ド

【チーム採点・寸評】
大分 5.5
早い時間帯に失点したことで堅守をこじ開けるのは難しかった。ギアを上げた後半はペナルティエリア内に入る回数は格段に増えたが、最後までゴールは遠かった。

【大分|採点・寸評】 
GK 
1 高木 駿 6
ペナルティエリアを飛び出し、ビルドアップに参加。失点の場面はシュートに反応するもリフレクションでは防ぎようがなかった。

DF 
3 三竿雄斗 5.5 
ウイングバックとC Bの2つのポジションで異なる役割を起用にこなした。失点の場面は不運。

5 鈴木義宣 5.5
ブルーノに対し寄せきれず先制点の起点を作らせた。その他はノーミスだっただけに残念。

29 岩田智輝 6
寄せ甘く失点の要因となったが、後半は積極的に攻撃参加し、幾度となくペナルティエリア内に侵入した。

41 刀根亮輔 5.5(HT OUT)
3バックの左に入って前を向かせない守備を見せたが、攻撃参加はほとんどなく前半で交代となった。
 
MF
4 島川俊郎 5.5(64分OUT)
パートナーの長谷川と攻守のバランスを取りながら味方をカバーするも、前線に顔を出すまでには至らなかった。

7 松本 怜 6(78分OUT)
前半は無難なプレーに終始したが、後半は同サイドの3人の関係性で崩し、意図のあるクロスを送り続けた。

8 町田也真人 5.5(64分OUT)
後半はボールに触れる回数が増えたが、シュートチャンスまでに至る思い切りの良さが足りなかった。
 
MF
10 野村直輝 5.5
ギャップでボールを受けるも無難なプレーが多く、積極的なドリブルの仕掛けは少なかった。

40 長谷川雄志 5.5
シンプルな配球で攻撃を支えたが、時には大胆なパス、決定機につなげるスルーパスを見たかった。

FW
9 知念 慶 5.5(78分OUT)
得点への意欲は両チーム最多の3本のシュートに表われているが、前線からの守備はハマらなかった。
 
交代出場
MF
11 田中達也 6 (HT IN)
積極的な仕掛けと持ち味のスピードは、相手を警戒させるに十分だった。押し込む時間が劇的に増えた。

MF
6 小林裕紀 6(64分IN)
5節以来の出場となったがブランクを感じさせず、中盤の底から試合を組み立てた。

FW
31 髙澤優也  5.5  (64分IN)
77分の岩田のクロスを頭で合わせたがGKのファインセーブに阻まれた。

MF
38 高畑奎汰 ― (78分IN)
交代直後は左ウイングバックに入ったが、途中から不慣れな右に移り、見せ場は少なくなった。

FW
18 伊佐耕平 ― (78分IN)
前線で身体を張った。得点の気配はなかったが、味方がプレーしやすいように黒子に徹した。

監督
片野坂知宏 5.5
早い時間帯の失点は誤算だったが、後半は選手を代え、ポジションを変え、バリエーションを増やしたが得点につながらず、試合後は「結果が物語っている」と肩を落とした。
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 6
ファーストシュートが得点に結びつく幸運もあったが、前半は思い通りにボールを動かした。後半は押し込まれながらも決定機を1本に抑え、5試合ぶりの勝利を手にした。

【C大阪 採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6.5
唯一の決定機となった77分の髙澤のヘディングシュートは右手一本で止める好セーブで勝利に貢献した。

DF
2 松田 陸 5.5
後半は田中とのマッチアップに手を焼いたが決定機を作らせなかった。

3 木本恭生 6
サイドの広大なスペースをカバーしたが、後半は自陣での守備の時間が増え、丸橋を押し出せなかった。
 
14 丸橋祐介 6
守備時は最終ラインに入り、攻撃に移れば高い位置に張り出し、清武との連係で攻め立てた。

22 マテイ・ヨニッチ 6.5
3バックの中央で身体を張るべきところしっかりブロックに入り、カバーリングを冴えた。

MF
5 藤田直之 6
いつも通り、ミスの少ないプレーで攻守両面でそつのない働きを見せた。セカンドボールの回収率も高かった。

16 片山瑛一 5.5
前半は高い位置を取るも、後半は田中によってディフェンスラインに吸収された・
 
MF
17 坂元達裕 5.5
先制点はペナルティエリア内で踏ん張り、清武の得点をアシスト。守備でも貢献度は決して低くなかった。

25 奥埜博亮 6 (73分OUT)
中盤の真ん中で90分間奮闘。ポジショニングに長けていて、先制点の場面では前線をフォローし得点に絡んだ。

FW
10 清武弘嗣 6 (81分OUT)
相手に当たりコースが変わる運もあったが、古巣でしっかり恩返し弾を決め、結果を残した。

20 ブルーノ・メンデス 6 (87分OUT)
精力的に動き、ポストプレーなど貢献度は高かった。清武、坂元との関係性も悪くはなかった。
 
交代出場
DF
15 瀬古歩夢 5.5 (73分IN)
最終ラインに入り、相手のストロングとなった右サイドの攻撃を封じる役割を担った。

FW
32 豊川雄太 ―  (81分IN)
出場時間は10分足らずだったが、2本のシュートを放つアグレッシブなスタンスは悪くなかった。

FW
8 柿谷曜一朗 ―(87分IN)
B・メンデスに代わり1トップに入る。攻撃に絡む回数が少なく、評価要素はなし。

監督
ロティーナ  6
早い時間帯の得点をしっかり守り抜いた。後半は劣勢が続いたがシステムを微調整して、危ない場面をほとんど作らせなかった修正力はさすが。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●柚野真也(スポーツライター)