元イングランド代表のデイビッド・ベッカムが、汗だくのトレーニング姿を公開し、反響を呼んでいる。

 現地時間12月1日に、自身のインスタグラムを更新したベッカム。どうやら、欧米で流行している「F45」トレーニングに挑戦したようだ。これはサーキットトレーニングとHIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)を組み合わせた運動を45分間行なうという方法で、セレブの間で人気を集めているという。

 ベッカムはグレーのノースリーブシャツとネイビーの短パン、蛍光色のスニーカー姿の写真を投稿し、「またこのトレーニングができてうれしい」と綴っている。

 イングランドでは新型コロナウイルスの影響で11月に再びロックダウンに踏み切っていたが、12月2日に解除された。厳しい移動制限などが定められているものの、室内トレーニングなどは感染対策を十分にしたうえで許可されているようだ。
 
 髪まで汗だくでも爽やさを失わないベッカムの姿に、現役時代にレアル・マドリーで同僚だった元スペイン代表GKイケル・カシージャスは「着実にイケてるフィットネスマンになってる!」と「笑い泣き」の絵文字を添えて反応。これに対してベッカムは、「マイフレンド、一緒にやろうよ」と返し、和やかなやり取りを披露している。

 また、ファンからは「スマート!」、「そのスニーカーがイケてる!」、「足が長い」、「変わらないシャープなボディが最高にクール」といった2000件以上のコメントが寄せられた。ほかにも、「うちのジムにも彼がいたらいいのに…」、「ドアを開けたらデイビットが現われるジムで運動したい」、「一緒に通いたい!」といった、ジム仲間になりたいという願望も多く見られた。

 45歳を迎えたベッカムだが、シャープな肉体を保つため。日々のトレーニングを欠かしていないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【写真】汗だくでもカッコイイ! ベッカムのトレーニング着姿はこちら