2020シーズンのJリーグの表彰を行なうJリーグアウォーズは12月22日、オンライン上で行なわれ、今季のベストイレブンが発表された。

 圧倒的な成績で今シーズンを席巻した川崎フロンターレは、勝点83、得点88、得失点差+57はいずれも歴代最多を記録。J1新記録となる12連勝や、4節を残しての史上最速優勝も達成。その締めくくりとして史上最多の9人がベストイレブンに選ばれた。

 2018年MVPの家長昭博をはじめ、谷口彰悟、チョン・ソンリョンら2度目の受賞者に加え、昨季のベストヤングプレーヤーの田中碧のほか、初受賞のジェジエウ、山根視来、守田英正、登里享平、三笘薫らが選出された。

 残された2つのポジションには、J1リーグで28点を奪い得点王に輝いた柏レイソルのオルンガ、18ゴールで同2位の鹿島アントラーズのエヴェラウドがそれぞれ初受賞している。
 
 ベストイレブン受賞者は以下のとおり。

【ベストイレブン】
GK
チョン・ソンリョン(川崎)※2回目(2018年)

DF
ジェジエウ(川崎)※初受賞
谷口彰悟(川崎)※2回目(2018年)
登里享平(川崎)※初受賞
山根視来(川崎)※初受賞

MF
家長昭博(川崎)※2回目(2018年)
田中 碧(川崎)※初受賞
三笘 薫(川崎)※初受賞
守田英正(川崎)※初受賞

FW
オルンガ(柏)※初受賞
エヴェラウド(鹿島)※初受賞

【得点王】
オルンガ(柏)/28得点 ※初受賞

構成●サッカーダイジェストWeb編集部