Jリーグは12月22日、2020シーズンのJリーグの表彰を行なうJリーグアウォーズを開催。ベストイレブンには圧倒的な戦績で優勝を決めた川崎フロンターレから史上最多となる9人が選ばれた。

 MVPには得点王とのダブル受賞となった柏レイソルのオルンガが選出。最優秀ゴールとして選ばれたのは、湘南ベルマーレの齊藤未月が第27節・神戸戦で決めた50メートル弾が受賞した。

【動画】2020年のベストゴール!齊藤未月の50メートル弾をチェック!

 またコロナ禍でのイレギュラーな開催となった今季、その専門知識から多くの助言をうけた感染症の専門家、「新型コロナウイルス対策連絡会議」の座長を務めた賀来満夫・東北医科薬科大特任教授、三鴨広繁・愛知医科大教授、舘田一博・東邦大教授ら11人に「チェアマン特別賞」として感謝を示した。
 
 各賞の受賞者は以下の通り。

【最優秀選手賞/MVP】
FWオルンガ(柏)※初受賞

【ベストイレブン】
GK
チョン・ソンリョン(川崎)※2回目(2018年)

DF
ジェジエウ(川崎)※初受賞
谷口彰悟(川崎)※2回目(2018年)
登里享平(川崎)※初受賞
山根視来(川崎)※初受賞

MF
家長昭博(川崎)※2回目(2018年)
田中 碧(川崎)※初受賞
三笘 薫(川崎)※初受賞
守田英正(川崎)※初受賞

FW
オルンガ(柏)※初受賞
エヴェラウド(鹿島)※初受賞

【得点王】
FWオルンガ(柏)/28得点 ※初受賞

【ベストヤングプレーヤー賞】
DF瀬古歩夢(C大阪)

【最優秀ゴール賞】
齊藤未月(湘南)※初受賞
第27節(11月15日)神戸戦・84分のゴール

【最優秀育成クラブ賞】
東京ヴェルディ

【功労選手賞】
佐藤勇人、那須大亮、明神智和

【優勝監督賞】
(J1) 鬼木 達(川崎)※3回目
(J2) リカルド・ロドリゲス(徳島)※初
(J3) 吉田 謙(秋田)※初

【優秀監督賞】
(J1) 宮本恒靖(G大阪)※初受賞
(J2) 小林伸二(北九州)※初受賞
(J3) 三浦文丈(相模原)※初受賞

【最優秀主審賞】
西村雄一※11回目

【最優秀副審賞】
武部陽介※初受賞

【フェアプレー個人賞】
MF山口 蛍(神戸)※初受賞

【フェアプレー賞(高円宮杯)】
大分トリニータ※初受賞

【フェアプレー賞(J1)】
川崎、G大阪、C大阪、鳥栖、横浜FC、広島、仙台、湘南、清水、名古屋

【フェアプレー賞(J2)】
北九州、大宮、山形、徳島、金沢、岡山、群馬、琉球、愛媛、松本、東京V、京都、長崎、甲府、栃木、千葉、磐田、水戸、新潟

【フェアプレー賞(J3)】
秋田、長野、八戸、鳥取、C大阪U-23、岐阜、熊本、G大阪U-23、讃岐、藤枝、沼津、鹿児島、福島、富山

【チェアマン特別賞】
賀来満夫:東北医科薬科大学 医学部感染症学教室 特任教授/東北大学名誉教授・客員教授、東京都参与
三鴨廣繁:愛知医科大学 大学院医学研究科 臨床感染症学 教授
舘田一博:東邦大学 医学部 医学科 教授
髙橋 聡:札幌医科大学 医学部
國島広之:聖マリアンナ医科大学 感染症学講座 教授
掛屋 弘:大阪市立大学大学院 医学研究科臨床感染制御学 教授
大毛宏喜:広島大学病院 感染症科 教授
泉川公一:長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科臨床感染症学分野 教授
井元清哉:東京大学医科学研究所附属ヒトゲノム解析センター センター長/教授
村上道夫:福島県立医科大学 医学部健康リスクコミュニケーション学講座 准教授
加來浩器:防衛医科大学校 防衛医学研究センター 教授

構成●サッカーダイジェストWeb編集部